電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-13 13:00
非和声音を透かし信号として利用した音楽電子透かし法の検討
村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音楽,静止画,動画などのデジタルコンテンツに対して他のデジタルデータを埋め込む技術として電子透かしがある.音楽を対象とした電子透かし法では,ステゴデータの音質が劣化しないことが求められている.既存の手法ではホストデータとステゴータとの差異が小さいほど高音質であるとみなされる.これに対して本稿では,ホストデータとステゴデータとの差異があったとしても,ステゴデータが音楽として成立していれば楽曲としての音質が劣化していないと定義する.この考えに基づいて対位法を利用して対旋律を作成し,作成した対旋律を透かし信号とする手法を提案してい.本稿では楽曲の和声音(コード・トーン)のみではなく,非和声音(ノンコード・ーン)を効果的に使用することで曲にアクセントをつける.さらに,非和声音によって楽曲の1音に対して複数の音を割り当てることができるので,埋め込み容量の増大も見込まれる. 
(英) A digital watermark is a technique to embed another digital data into digital contents such as music, image and movie. For audio signals, it is required that the sound quality of stego data is not deteriorated. In existing methods, the high sound quality means that the difference between host data and stego data is small. On the other hand, in this paper, there is no problem even if a different sound from host data is perceived when stego data is maintained as music. Accordingly, we make a countermelody using counterpoint and we have proposed a watermarking method that the countermelody is added to host data as watermark signal. In this paper, we introduce not only chord tone but also non-chord tone as an effective musical accent to watermark signal. Moreover, multiple tones can be arranged in one tone of host data, and an increase of watermark capacity is prospective.
キーワード (和) 音楽電子透かし / 対位法 / 非和声音 / / / / /  
(英) Audio watermarking / Counterpoint / Non-chord tone / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 511, EMM2014-100, pp. 137-142, 2015年3月.
資料番号 EMM2014-100 
発行日 2015-03-05 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2015-03-12 - 2015-03-13 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2015-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非和声音を透かし信号として利用した音楽電子透かし法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of audio watermarking method using non-chord tone as watermark signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽電子透かし / Audio watermarking  
キーワード(2)(和/英) 対位法 / Counterpoint  
キーワード(3)(和/英) 非和声音 / Non-chord tone  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 晴美 / Harumi Murata / ムラタ ハルミ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 昭夫 / Akio Ogihara / オギハラ アキオ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-13 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2014-100 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.511 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2015-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会