お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-12 16:00
[ポスター講演]秘密分散機能を有するQRコードの生成法
倉元雅樹阪大)・河野和宏関西大)・伊藤義道阪電通大)・馬場口 登阪大EMM2014-92
抄録 (和) 本稿では,秘密情報を複数の分散情報に分割してQRコードに埋め込んだ,秘密分散機能を有するQRコードの生成手法を提案する.
提案手法は,文献[11]で提案された,QRコード内の文字データを利用して埋め込む情報のサイズを削減する(2,2)閾値秘密分散法に基づいており,その手法を(n,n)閾値秘密分散法に拡張している.
また,文字データを利用することによる安全性の低下を暗号学的ハッシュ関数で補う手法を提案し,これらの手法の安全性および埋め込みデータ量について評価する. 
(英) This paper proposes methods for generating a set of multiple QR codes, in which each QR code contains a share of secret information.
The methods are generalizations of the one proposed in [11], where (n, n)-threshold secret sharing scheme are realized under the QR code setting, and the sizes of shares are reduced by utilizing the characters in QR codes. This paper also proposes a method using cryptographic hash functions that recovers security degradation due to the use of characters in QR codes.
The proposed methods are evaluated from the viewpoint of the information-theoretic security and the amount of embedded data.
キーワード (和) QRコード / 秘密分散法 / 排他的論理和 / ハッシュ関数 / / / /  
(英) QR code / secret sharing / exclusive or operation / hash function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 511, EMM2014-92, pp. 91-96, 2015年3月.
資料番号 EMM2014-92 
発行日 2015-03-05 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2014-92

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2015-03-12 - 2015-03-13 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2015-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 秘密分散機能を有するQRコードの生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation Methods of Secret Sharing QR Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QRコード / QR code  
キーワード(2)(和/英) 秘密分散法 / secret sharing  
キーワード(3)(和/英) 排他的論理和 / exclusive or operation  
キーワード(4)(和/英) ハッシュ関数 / hash function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉元 雅樹 / Masaki Kuramoto / クラモト マサキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 和宏 / Kazuhiro Kono / コウノ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 義道 / Yoshimichi Ito / イトウ ヨシミチ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場口 登 / Noboru Babaguchi / ババグチ ノボル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-12 16:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2014-92 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.511 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2015-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会