お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-09 16:00
2近似葉最多全域木構築自己安定アルゴリズムについて
岡本圭祐片山喜章名工大COMP2014-50
抄録 (和) 葉最多全域木とは,考えられる全域木のうち葉の数が最多である全域木である.分散システム上に構築することは,MANETのルーティングを効率化する際に有用である.しかし,この問題はNP-完全かつMAX-SNP困難であることが知られている.自己安定アルゴリズムとは,任意のシステム状況から目的のシステム状況に到達できる分散アルゴリズムであり,一時故障に対する故障耐性を有しネットワークトポロジの変化に対応出来るという特徴がある.現在,任意のグラフ上で葉最多全域木構築問題を解く3近似(葉最多全域木の葉数の1/3以上)の自己安定アルゴリズムが知られている.本研究では,2近似で葉最多全域木構築問題を解く自己安定アルゴリズムを提案する. 
(英) The maximum leaf spanning tree (MLST) is a spanning tree that has the largest possible number of leaves among all spanning trees in a given graph. MLST has several applications for network problems. For example, MLST can be applied to routing in a MANET to get more efficient route. But MLST problem is known as a MAX SNP-complete problem. A self-stabilizing algorithm is reachable to defined legitimate configuration in a finite time in spite of starting from any initial configuration. A 3-approximation self-stabilizing algorithm to solve MLST problem is known. We propose a 2-approximation self-stabilizing algorithm in arbitrary networks.
キーワード (和) 自己安定 / 葉最多全域木 / 分散アルゴリズム / 近似アルゴリズム / / / /  
(英) Self-stabilization / Maximum Leaf Spanning Tree / Distributed algorithm / Approximation algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 509, COMP2014-50, pp. 53-60, 2015年3月.
資料番号 COMP2014-50 
発行日 2015-03-02 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2014-50

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2015-03-09 - 2015-03-09 
開催地(和) 立命館大学 
開催地(英) Ritsumeikan University 
テーマ(和) (立命館大学共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2015-03-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2近似葉最多全域木構築自己安定アルゴリズムについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a 2-approximation Self-stabilizing Algorithm for the Maximum Leaf Spanning Tree 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己安定 / Self-stabilization  
キーワード(2)(和/英) 葉最多全域木 / Maximum Leaf Spanning Tree  
キーワード(3)(和/英) 分散アルゴリズム / Distributed algorithm  
キーワード(4)(和/英) 近似アルゴリズム / Approximation algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 圭祐 / Keisuke Okamoto / オカモト ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 喜章 / Yoshiaki Katayama / カタヤマ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-09 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2014-50 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.509 
ページ範囲 pp.53-60 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2015-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会