電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-06 11:25
合成刺激提示によるSSVEPの誘発特性
西村弘嗣上田翔矢板井陽俊中部大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 定常的視覚誘発電位(SSVEP; Steady-State Visually Evoked Potentials)は点滅する視覚刺激への応答であり,脳コンピュータインタフェース(BCI; Brain Computer Interface)の入力として広く用いられている.複数の点滅周期をもつ視覚刺激(合成刺激) により,液晶モニタなど点滅周期に制限が存在する状況下において表現が困難な点滅周波数を表現する手法が提案されている.しかしながら,合成刺激により誘発されたSSVEP が刺激の点滅周波数およびその倍音とは異なる周波数に誘発される現象が報告されている.本研究では,視覚刺激,特に合成刺激とSSVEP の誘発周波数について明らかにし,先の現象の原因について言及する. 
(英) The Steady-State Visual Evoked Potential (SSVEP) is useful as a basis for Brain-computer interface (BCI). The liquid crystal display (LCD) monitor based visual stimuli expands the versatility of BCI. However, a flickering frequency of visual stimulus is limited due to the refresh rate of LCD. The conventional research modulates two different frequency to evoke the SSVEP which is difficult to represent the LCD. However, some modulated visual stimuli yields the SSVEP which is not related to the fundamental and second harmonic frequency of visual stimulus. In this paper, we show the relationship between the modulated visual stimulus and SSVEP response.
キーワード (和) SSVEP / BCI / 脳波 / 合成刺激 / / / /  
(英) SSVEP / BCI / EEG / modulated visual stimulus / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 496, SIS2014-108, pp. 97-100, 2015年3月.
資料番号 SIS2014-108 
発行日 2015-02-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 明治大学中野キャンパス(東京) 
開催地(英) Meiji Univ. Nakano Campus (Tokyo) 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 合成刺激提示によるSSVEPの誘発特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Characteristics of SSVEP for Modulated Flickers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SSVEP / SSVEP  
キーワード(2)(和/英) BCI / BCI  
キーワード(3)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(4)(和/英) 合成刺激 / modulated visual stimulus  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 弘嗣 / Koji Nishimura / ニシムラ コウジ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 翔矢 / Syoya Ueda / ウエダ ショウヤ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 陽俊 / Akitoshi Itai / イタイ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-06 11:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-108 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.496 
ページ範囲 pp.97-100 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会