電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-06 16:15
ミリ波広帯域通信用低域ループ制御自律ビームフォーミングIF受信器
中村美琴タ トァン タン本良瑞樹亀田 卓末松憲治平 明徳高木 直坪内和夫東北大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-227 ICD2014-140
抄録 (和) 自律ビームフォーミング(BF)は,アレーアンテナの各素子で受信した信号からディジタル信号処理により位相差を抽出し,その情報を基に信号到来方向にメインビームを形成するものである.
ブロードバンド通信への適用を考えると,アンテナ素子数分の広帯域信号を受信・信号処理する必要があり,携帯端末への搭載は難しかった.
ブロードバンド通信に適した自律BF方式として,広帯域な受信信号の低域成分のみから抽出した位相情報よりビーム制御する低域ループ制御自律BF方式の提案を行ってきた.
本稿ではRF帯での実験に先立ちIF,受信モジュールの試作を行い,IF帯でBFの動作確認実験を行った.IEEE,802.15.3c規格を想定した2Gbps,QPSK信号を用いて4つのIF受信モジュールを合成するBF実験を行った結果,
ほぼ合成素子数に相当するSNRの改善効果が得られた. 
(英) Self-directed beam forming system calculates phase difference of received signals from each element of the array antennas with digital signal processing. And by that system, the direction-of-arrival of the received signal is estimated and a main beam to that direction is formed.
When conventional self-directed beam forming method is applied to broadband communication, the processing for broadband-signals from all antenna elements is required, thus to apply that method in mobile terminal are difficult.
We have proposed new self-directed beam forming method which can be easily applied to broadband communication.
In this method, the beam direction is controlled with phase information extracted from low frequency component of received broadband signal.
In this paper, prior to verification at RF-band, IF receiver modules were fabricated and the correct operation of the proposed method was confirmed.
The BF experiment using 2Gbps,QPSK signal which is assuming IEEE 802.15.3c was performed.
As a result of synthesis of four IF modules, improvement of the SNR approximately proportional to the number of the synthesized modules was confirmed.
キーワード (和) ビームフォーミング / アレーアンテナ / IF受信機 / / / / /  
(英) beam forming / array antenna / IF receiver / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 498, MW2014-227, pp. 137-142, 2015年3月.
資料番号 MW2014-227 
発行日 2015-02-26 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW ICD  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) University of Fukui 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2015-03-MW-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波広帯域通信用低域ループ制御自律ビームフォーミングIF受信器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Millimeter-wave Broadband Communication Beam Forming IF Receiver Controlled with Low Frequency Signal Component 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビームフォーミング / beam forming  
キーワード(2)(和/英) アレーアンテナ / array antenna  
キーワード(3)(和/英) IF受信機 / IF receiver  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 美琴 / Mikoto Nakamura / ナカムラ ミコト
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) タ トァン タン / Ta Tuan Thanh / タ トァン タン
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本良 瑞樹 / Mizuki Motoyoshi / モトヨシ ミズキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Univercity (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-06 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2014-227,IEICE-ICD2014-140 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.498(MW), no.499(ICD) 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2015-02-26,IEICE-ICD-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会