電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 10:20
無線LANと多数無線PANの共存方式の提案
井上文博西尾理志守倉正博山本高至京大)・村山大輔杉山隆利NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2.4 GHz 帯での IEEE 802.15.4 規格の無線 PAN と IEEE 802.11g 規格の無線 LAN との干渉問題に対し, これまでに筆者らは,同一周波数で共存を行う HYSAC 方式を提案した.無線 PAN の活用方法として,ヘルスケア 分野において生体センサを使用したモニタリングシステムの活用を想定する.このとき,各個人が複数のセンサを着 け 1 つの WPAN を構成し,人の移動に伴って多数の無線 PAN が無線 LAN 内に密集したり,参加離脱が生じる状況 が想定される.しかし,従来方式では 5 つ以上の WPAN との共存や,無線 PAN の加入離脱について想定されておら ず,共存方式の正常な動作が保証されない問題がある.本稿ではこの問題に対し,多数無線 PAN との共存のための同 期方式と,無線 PAN の離脱時における高信頼共存方式を提案する.これにより無線 LAN と無線 PAN のスループッ トが向上すること,及び,無線 PAN の離脱による過渡状態において WPAN 保護失敗率が低下することを,計算機シ ミュレーションにより示す. 
(英) To operate IEEE 802.11g based wireless LANs (WLANs) and IEEE 802.15.4 based wireless personal area networks (WPANs) in the 2.4 GHz band, we have proposed the coexistence scheme called hybrid station aided coexistence (HYSAC). When WPANs are applied to a health monitoring system with vital sensors, many WPANs may be used at the same location and may join and leave the WLAN cell following movements of persons. However, the WLAN and WPAN throughput performances of the conventional scheme deteriorate in the above situation. To solve this problem, this paper proposes two schemes. The first new scheme is a synchronization scheme for multiple WPANs to enable the coexistence for a WLAN and many WPANs. The second one is a reliable coexistence scheme which exclusively assigns wireless resources to WPANs when WPANs join or leave the WLAN cell. Simulation results show that the proposed scheme improves the throughput performances of a WLAN and WPANs in the coexistence system.
キーワード (和) 共存 / IEEE 802.15.4 / IEEE 802.11 / 無線LAN / 無線PAN / / /  
(英) Coexistence / IEEE 802.15.4 / IEEE 802.11 / Wireless LAN / Wireless PAN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 492, SRW2014-51, pp. 25-30, 2015年3月.
資料番号 SRW2014-51 
発行日 2015-02-25 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANと多数無線PANの共存方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of coexistence scheme for wireless LAN and multiple wireless PANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共存 / Coexistence  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.15.4 / IEEE 802.15.4  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) 無線PAN / Wireless PAN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 文博 / Fumihiro Inoue / イノウエ フミヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2014-51 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会