電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 10:40
ヒトの色と明度の恒常性を模擬したカラー画像処理形態
有井 栞田口 亮東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、ヒトの視覚系を模擬した新しいカラー画像処理システムを提案する。ヒトの視覚系では、網膜上ではカラー画像信号をRGB成分で取得するが、その後、白黒チャネル(明度)と赤-緑チャネル・黄-青チャネル(色度)に変換され脳に伝達される。すなわち、明度と色度は並列に処理されていることになる。そこで、提案するシステムでは、カラー信号のRGB成分を明度と色度に分解し、それらに独立に、かつ、並列に処理を施す。自由度の高いカラー画像処理が可能なシステムである。本稿では、そのシステム上にヒトの恒常性(明度恒常性と色恒常性)を模擬したシステムを実装する。提案するシステムにおいて明度に対するレティネックス処理で明度恒常性を、色度に対する自動ホワイトバランス調整で色恒常性を、それぞれ模擬する。自動ホワイトバランス調整に関する研究はRGB成分に対して行われてきたが、本来は色度rgbに対して施す処理である。そして、本システムの有効性を実際の処理を通じて明らかにする。 
(英) In this paper, we propose a novel color image processing system based on the human visual system. In human visual system, the brightness and chromaticity are processed independently. Thus, in the proposed system, first, the color signal is divided into brightness and chromaticity. Next, the brightness and chromaticity are processed in parallel. Arbitrary color image processing methods can be applied to the proposed system. We show a concrete processing procedure based on the constancy for the proposed system. That is to say, the white balance adjustment which is simulated color constancy and the retinex which is simulated brightness constancy are performed in the proposed system. We make clear that high quality color enhancement images can be obtained by the proposed system through the processing results.
キーワード (和) 恒常性 / 明度 / 色度 / 自動ホワイトバランス調整 / レティネックス処理 / / /  
(英) constancy / brightness / chromaticity / white balance adjustment / retinex / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 496, SIS2014-93, pp. 11-16, 2015年3月.
資料番号 SIS2014-93 
発行日 2015-02-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 明治大学中野キャンパス(東京) 
開催地(英) Meiji Univ. Nakano Campus (Tokyo) 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒトの色と明度の恒常性を模擬したカラー画像処理形態 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Color Image Processing Scheme Based on Color and Brightness Constancy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 恒常性 / constancy  
キーワード(2)(和/英) 明度 / brightness  
キーワード(3)(和/英) 色度 / chromaticity  
キーワード(4)(和/英) 自動ホワイトバランス調整 / white balance adjustment  
キーワード(5)(和/英) レティネックス処理 / retinex  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有井 栞 / Shiori Arii / アリイ シオリ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-93 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.496 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会