電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 15:50
[特別講演]Power Amplifier Linearization Using Digital Predistortion Technology: Practical Development and Implementation Issues
Yuelin MaYasushi YamaoUECエレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-213 ICD2014-126
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) On firm ground for highly-developed nonlinear modeling theories, the Digital predistortion (DPD) is a practice of compensating the basic nonlinear distortion caused by power amplifiers (PAs). After nearly 30 years of extensive studies, it has become the most popular and mature technology utilized for linearization of commercial transmitters. However, in the context of rapid development of high-speed wireless communications and the application of various digital technologies, the design and implementation of DPD have been confronted with various new challenges. The DPD involves almost all the aspects for a front-end design, thus implementation of actual DPD system is not an easy task. This report provides a comprehensive overview of important aspects for DPD design and considers mostly parasitical issues that can be found useful to develop a DPD system successfully.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Digital Predistortion / Nonlinear Compensation / Linearization / Power Amplifier / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 498, MW2014-213, pp. 61-66, 2015年3月.
資料番号 MW2014-213 
発行日 2015-02-26 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW ICD  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) University of Fukui 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2015-03-MW-ICD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power Amplifier Linearization Using Digital Predistortion Technology: Practical Development and Implementation Issues 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Digital Predistortion  
キーワード(2)(和/英) / Nonlinear Compensation  
キーワード(3)(和/英) / Linearization  
キーワード(4)(和/英) / Power Amplifier  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬 岳林 / Yuelin Ma / マ ユエリン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山尾 泰 / Yasushi Yamao / ヤマオ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2014-213,IEICE-ICD2014-126 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.498(MW), no.499(ICD) 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2015-02-26,IEICE-ICD-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会