電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 16:10
[特別講演]28Gbpsミリ波無線通信に向けた低位相雑音周波数シンセサイザー
ムサ アハマドNTT)・岡田健一松澤 昭東工大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-214 ICD2014-127
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Phase noise of the synthesizer used in transceivers has a significant impact on the achievable performance. At 60GHz, phase noise has limited the achievable performance to be less than 4Gbps. In this work, a 60GHz quadrature PLL frequency synthesizer for IEEE802.15.3c with wide tuning range and low phase noise is introduced. The synthesizer is constructed using a 20GHz PLL that is coupled with a Quadrature Injection Locked Oscillator (QILO) as a frequency tripler to generate the 60GHz signal. The 20GHz PLL generates a signal with a phase noise that is lower than -105dBc/Hz using tail feedback to improve the phase noise while having a 17% tuning range. The 60GHz QILO uses a combination of parallel and tail injection to enhance the locking range by improving the QILO injection efficiency at the moment of injection and has a 12% tuning range. Both the 20GHz PLL and the QILO were fabricated using a 65nm CMOS process and measurement results show a phase noise that is less than -95dBc/Hz@1MHz at 60GHz while consuming 80mW from a 1.2V supply. The synthesizer is used in a 60GHz transceiver and a data rate of 28Gbps is achieved using 16QAM modulation.The phase noise at 60GHz is mostly limited by the quality factor of the on-chip CMOS varactor. Its quality factor drops below 10 in comparison to above 30 at few gigahertzes. This limits the achievable performance to be insufficient for higher than QPSK modulation scheme thus limiting data rate to 3.5Gbps. In this work, an ultra-low phase noise frequency synthesizer capable of up to 28Gbps and 64QAM wireless data rate transmission is presented. The synthesizer uses a 20GHz PLL with a frequency Tripler to achieve better than -95dBc/Hz@1MHz phase noise performance while covering the entire band. It has similar power consumption to other state-of-the-art work while having a 20dB improvement in phase noise. The synthesizer is included in a 60GHz transceiver and a maximum data rate of 28Gbps is achieved. Such a data rate will wirelessly transfer Blu-ray disc content in less than 8 seconds.
キーワード (和) ミリ波 / 注入同期 / 周波数シンセサイザー / CMOS / 発振器 / 逓倍器 / 無線通信 /  
(英) MM-Wave / 16QAM / PLL / Injection Locking / CMOS / Impulse Sensitivity Function / Dual Injection /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 498, MW2014-214, pp. 67-72, 2015年3月.
資料番号 MW2014-214 
発行日 2015-02-26 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW ICD  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) University of Fukui 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2015-03-MW-ICD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 28Gbpsミリ波無線通信に向けた低位相雑音周波数シンセサイザー 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultra-Low Phase Noise Frequency Synthesizer for up to 28Gbps 60GHz Wireless Transceivers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / MM-Wave  
キーワード(2)(和/英) 注入同期 / 16QAM  
キーワード(3)(和/英) 周波数シンセサイザー / PLL  
キーワード(4)(和/英) CMOS / Injection Locking  
キーワード(5)(和/英) 発振器 / CMOS  
キーワード(6)(和/英) 逓倍器 / Impulse Sensitivity Function  
キーワード(7)(和/英) 無線通信 / Dual Injection  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ムサ アハマド / Ahmed Musa /
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 健一 / Kenichi Okada / オカダ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松澤 昭 / Akira Matsuzawa / マツザワ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2014-214,IEICE-ICD2014-127 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.498(MW), no.499(ICD) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2015-02-26,IEICE-ICD-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会