お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 17:30
[特別招待講演]移動無線技術の発展について
鈴木 博東工大RCS2014-348 SR2014-136 SRW2014-59
抄録 (和) 無線通信技術は固定マイクロ波通信から移動通信へと移行し,新たな移動通信システムはインフラとしての重要性を維持しつつ,個別のユーザとモノに限りなく近付きつつある.また,無線技術および無線システムは高度化し,大規模化している.これらの発展の形態をみると,ストレートに技術の適用範囲が広がり,性能が向上して発展しているもの,あるいは古い技術をしばらく間をおいて新しい技術で塗り替えて発展しているものなど様々である.本報告ではこれらの技術をストレート階段とヘリカル階段にたとえて分類し,個人的な観点から振り返る. 
(英) The radio communication technologies have evolved from the fixed microwave communications to the mobile radio communications which maintain the importance as one of the social infrastructures and also close to the individual users and things. The applied techniques to the new systems are rapidly advancing, and the deployed systems are scaled larger. Those advances can be roughly categorized into two analogies: straight stairs and helical stairs. This report personally reflects the historical trends of the arts in mobile communications.
キーワード (和) 移動無線 / 無線伝送 / ストレート階段 / ヘリカル階段 / / / /  
(英) Mobile Radio / Radio Transmission / Straight Stairs / Helical Statirs / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-348, pp. 283-284, 2015年3月.
資料番号 RCS2014-348 
発行日 2015-02-25 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-348 SR2014-136 SRW2014-59

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動無線技術の発展について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on The Evolution of Mobile Radio Technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動無線 / Mobile Radio  
キーワード(2)(和/英) 無線伝送 / Radio Transmission  
キーワード(3)(和/英) ストレート階段 / Straight Stairs  
キーワード(4)(和/英) ヘリカル階段 / Helical Statirs  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 17:30:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-348,IEICE-SR2014-136,IEICE-SRW2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.490(RCS), no.491(SR), no.492(SRW) 
ページ範囲 pp.283-284(RCS), pp.155-156(SR), pp.77-78(SRW) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCS-2015-02-25,IEICE-SR-2015-02-25,IEICE-SRW-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会