電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 09:55
RoF無線LANと既存無線LANの共存方式の提案
船引魁人西尾理志守倉正博山本高至京大)・村山大輔杉山隆利NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANシステムの管理を効率化するためにRoF (Radio over Fiber)を用いた無線LANシステムが有効である.これは家庭やオフィスと通信事業者の間を光ファイバで結び,家庭やオフィスにはRF機能のみを備えた装置を設置し,PHY(Physical)層とMAC(Medium Access Control)層の処理を通信事業者側で行わせるものである.RoFを用いた無線LANのAP(Access Point)と端末の通信では無線局がフレームを送信した後,宛先局は伝搬遅延の時間分遅れてフレームを受信する.したがって,伝搬遅延が大きい場合,通常のCSMA/CAプロトコルではフレーム衝突が多発する.RoFを用いた無線LANとRoFを用いない従来の無線LANが共存している状況ではRoF APのフレーム衝突率増加がより顕著となる.本稿ではRoFと既存無線LANの共存環境におけるスループット改善手法を提案する.提案方式により,MACレイヤの上り通信と下り通信の公平性とTCPスループットを改善できることをシミュレーション評価により示す. 
(英) To facilitate management of a wireless local area network (WLAN) system, the WLAN system with radio-over-fiber (RoF) is one of the promising systems.In the system, access points (APs) are replaced by radio-frequency (RF) units. Each unit consists of an antenna, amplifiers, analog-to-digital (AD)/digital-to-analog (DA) converters, and an interface circuit.The residual physical (PHY) and media-access-control (MAC) functions of the existing APs are moved to the central office's facility which is connected to the RF unit with the optical fibers.This system causes large propagation delay between stations and an AP, thus frame collisions occurs frequently in a conventional MAC protocol.In particular, when a legacy WLAN coexists with the RoF based WLAN, the throughput performance of an AP in the RoF based WLAN decreases largely.To solve this problem, we propose a method to increase the transmission opportunity where the RoF AP can transmit frames without collisions.
The simulation results show that the proposed method increases TCP throughput and MAC layer fairness between uplink and downlink transmissions in the RoF based WLAN.
キーワード (和) 伝搬遅延 / RoF / 長距離通信 / 共存 / RTS/CTSアクセス / / /  
(英) propagation delay / radio over fiber / long-distance communication / coexistence / RTS/CTS access / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 492, SRW2014-50, pp. 19-24, 2015年3月.
資料番号 SRW2014-50 
発行日 2015-02-25 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RoF無線LANと既存無線LANの共存方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Novel Coexistence Scheme between WLAN and RoF-based WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝搬遅延 / propagation delay  
キーワード(2)(和/英) RoF / radio over fiber  
キーワード(3)(和/英) 長距離通信 / long-distance communication  
キーワード(4)(和/英) 共存 / coexistence  
キーワード(5)(和/英) RTS/CTSアクセス / RTS/CTS access  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 船引 魁人 / Kaito Funabiki / フナビキ カイト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2014-50 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会