お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-05 17:10
[招待講演]ボランティアによる災害情報支援
佐藤 大東北大SITE2014-69 IA2014-101
抄録 (和) インターネットを活用したボランティアによる災害情報支援では,ネットワーク上の情報を収集整理して公開する形態が多い.これに加えて、災害急性期にスキルと機材を備えた人材を被災地に投入して情報収集・共有などの支援を行うことは,その後の支援活動の効率化に有用と考えられる.この形態の支援を実現する取組みの一つとして『情報支援レスキュー隊 (IT DART)』の現状を紹介し,ボランティアによる災害情報支援の課題を報告する. 
(英) In the most cases of disaster information support utilizing the Internet by volunteers, information on the network is to be collected, organized, and published. In addition, sharing the collected information in the affected areas of disaster acute phase seems to be useful in subsequent support activities. Introducing the current status of " IT Disaster Assistance Response Team" as one of the efforts to achieve the support of this style, the challenges of disaster information support by volunteers are reported.
キーワード (和) 災害急性期 / 情報支援 / ボランティア / / / / /  
(英) Disaster Acute Phase / Information Support / Volunteer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 495, IA2014-101, pp. 103-105, 2015年3月.
資料番号 IA2014-101 
発行日 2015-02-26 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2014-69 IA2014-101

研究会情報
研究会 IA IPSJ-IOT SITE  
開催期間 2015-03-05 - 2015-03-06 
開催地(和) 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2015-03-IA-IOT-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボランティアによる災害情報支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Disaster Information Support by Volunteers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害急性期 / Disaster Acute Phase  
キーワード(2)(和/英) 情報支援 / Information Support  
キーワード(3)(和/英) ボランティア / Volunteer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 大 / Dai Sato / サトウ ダイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学病院 (略称: 東北大)
Tohoku University Hospital (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-05 17:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2014-69,IEICE-IA2014-101 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.494(SITE), no.495(IA) 
ページ範囲 pp.103-105 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SITE-2015-02-26,IEICE-IA-2015-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会