電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 14:25
LTE-Advanced D2D通信における相互干渉低減手法に関する一検討
北川幸一郎末柄恭宏KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 標準化団体3GPP (The 3rd Generation Partnership Project) において,LTE-Advanced Release 12, 13の一機能として端末間(Device-to-Device: D2D)通信機能を盛り込むことが検討されている. D2D通信機能では,従来セルラ通信用に利用していた周波数リソースを一部D2D通信用にも利用し,端末間で直接通信を行う。このため,セルラ通信とD2D通信との間の相互干渉を適切に低減する手法の検討が必要である.本稿ではセルラ通信とD2D通信との間の相互干渉の低減を目的として送信電力制御(Transmission Power Control: TPC)を適用した際のD2D通信及びセルラ通信のスループットをシミュレーション評価する.候補手法として,D2D通信端末間のパスロスを考慮する手法と,端末-基地局間のパスロスとD2D端末間のパスロスの両方を考慮する手法とを比較評価した結果を報告する.また本稿ではTPCに加えて,干渉低減効果の期待される通信モード選択手法をTPCと同時に適用した場合についても併せて評価し,本稿で評価したTPCと通信モード選択手法を併せて適用した際に達成可能なシステム容量を確認する. 
(英) In 3GPP (The 3rd-Generation Partnership Project) standardization, it has been discussed to adopt Device-to-Device (D2D) communication in Release 12 and 13 specification for LTE (Long-Term Evolution)-Advanced Networks. In D2D communication, a part of the radio resources for cellular communications can be used for D2D communications. Therefore, it is necessary to develop schemes to mitigate mutual interference between cellular and D2D communications. In this paper, we discuss transmission power control (TPC) schemes for D2D communication as one of the interference mitigation techniques. We evaluate TPC which compensates pathloss effect between D2D user terminals (UTs), and TPC which takes both pathloss effect between a base station and a user terminal and pathloss effect between D2D user terminals into consideration. In addition, we discuss achievable system capacity when we simultaneously apply such TPC scheme and communication mode selection (CMS) schemes, where UTs choose cellular or D2D communication modes to transmit data according to radio environment.
キーワード (和) 端末間通信 / LTE-Advanced / 送信電力制御 / 通信モード選択 / / / /  
(英) Device-to-Device Communication / LTE-Advanced / Transmit Power Control / Communication mode selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-318, pp. 101-106, 2015年3月.
資料番号 RCS2014-318 
発行日 2015-02-25 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced D2D通信における相互干渉低減手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Mutual Interference Reduction Schemes in LTE-Advanced Device-to-device Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 端末間通信 / Device-to-Device Communication  
キーワード(2)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / Transmit Power Control  
キーワード(4)(和/英) 通信モード選択 / Communication mode selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 幸一郎 / Koichiro Kitagawa / キタガワ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末柄 恭宏 / Yasuhiro Suegara /
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-318 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会