お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 13:10
複数ストリーム拘束と逐次干渉キャンセラによる信号探索を用いる準最適MIMO信号検出
加藤勝也シャープ)・府川和彦東工大)・山田良太シャープ)・鈴木 博東工大RCS2014-315
抄録 (和) MIMO通信において,最適信号検出はMLD (Maximum Likelihood Detection) であるが,送信アンテナ数や変調多値数の増加に伴い演算量が膨大になるという問題がある.そこで,MLDと同等のビット誤り率を維持しつつ演算量を大幅に削減できる準最適信号検出が望まれる.本報告ではこの準最適信号検出として,伝送品質が悪い複数のストリームを候補となる変調シンボルに固定し,他ストリームはSIC (Successive Interference Cancellation)を用いて送信信号を探索するMSC-SIC (Multi-Stream Constraint and SIC)を提案する.全ストリームに拘束を与えて最大尤度の送信信号候補を探索するMLDに較べて,MSC-SICは拘束するストリーム数が少ないため演算量を大幅に削減でき,SICを用いることで優れた伝送特性を維持できる.8x8 MIMO,16QAM変調,無相関レイリーフェージングの条件で計算機シミュレーションを行い,提案方式はMLDと同等のビット誤り率特性を,QRM-MLDに比べて1/3程度の演算量で実現できることを明らかにする. 
(英) The maximum likelihood detection (MLD) is the optimal signal detection for MIMO communications, but its computational complexity is prohibitive when the number of transmit antennas or the modulation order are large. Therefore, suboptimal signal detection schemes are required to significantly reduce the amount of computational complexity while maintaining almost the same BER performance as that of MLD. As such a suboptimal signal detection scheme, this report proposes multi-stream constraint and successive interference cancellation (MSC-SIC) that searches signal candidates by setting streams with inferior transmission performance to constellation symbol candidates and by applying SIC to the other streams. MLD sets all streams to constellation symbol candidates in order to search for a transmitted signal candidate producing the maximum likelihood. In contrast, since MSC-SIC sets only a small number of streams, it can drastically reduce computational complexity. In addition, it can maintain excellent transmission performance due to SIC. Computer simulations under 8x8 MIMO uncorrelated Rayleigh fading channel conditions with 16QAM demonstrate that the proposed method can achieve almost the same average BER performance as that of MLD with about three times less computational complexity than that of QRM-MLD.
キーワード (和) MIMO / 信号検出 / 最尤検出 / 低演算量 / 逐次干渉キャンセラ / / /  
(英) MIMO / signal detection / MLD / low-complexity / successive interference canceller / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-315, pp. 83-88, 2015年3月.
資料番号 RCS2014-315 
発行日 2015-02-25 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-315

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数ストリーム拘束と逐次干渉キャンセラによる信号探索を用いる準最適MIMO信号検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Suboptimal MIMO Signal Detection Employing Signal Search with Multi-Stream Constraint and Successive Interference Cancellation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 信号検出 / signal detection  
キーワード(3)(和/英) 最尤検出 / MLD  
キーワード(4)(和/英) 低演算量 / low-complexity  
キーワード(5)(和/英) 逐次干渉キャンセラ / successive interference canceller  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 勝也 / Katsuya Kato / カトウ カツヤ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 良太 / Ryota Yamada / ヤマダ リョウタ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-315 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会