電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 09:25
OFDM信号のCyclic Prefix(CP)を用いた特徴検出方式の特性とその応用
樫木勘四郎定 知生山崎浩輔渡辺伸吾KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,周波数の共用のために重要となるセンシング技術の一方式として,OFDM信号に付与されているサイクリックプリフィックス(Cyclic Prefix:CP)を用いた特徴検出方式について検討を進めている.受信したOFDM信号と,その信号を遅延させた信号の積を取り,周期定常性を示す周期自己相関信号(Cyclostationary Autocorrelation Function:CAF)を求め,これより特徴検出を行う.本稿では,まず,特徴検出の過程で得られる信号のS/N(Signal to Noise Power Ratio)特性について,確率とスペクトル理論を用いて解析式を導出し,並行してシミュレ-ションにより解析で得られない部分を補っている.次に,得られた結果を応用した方式について,受信器入力のC/N推定方式(RF帯でのキャリア対雑音電力比),CPのパラメータを変えることによるシステム識別方式,時間同期が一致していない2つのOFDM信号を受信した際の,同期ずれと電力比の検出方式を示している.現在,利用可能な周波数は限られている為,近年新たなシステムとして取り上げられているDevice-to-Device(D-to-D)通信等に専用の周波数が割り当てられるとは限らず,既存のシステムが運用されている帯域と共存させる必要がある.本稿で述べる技術は,このような周波数有効利用の点から有用と考えられる. 
(英) From the viewpoint of the efficient use of frequency resources in mobile radio service, the authors have been investigating the feature detection scheme using the Cyclic Prefix (CP) which is usually attached in OFDM signal. The detection scheme is basically essential, which is used for the sensing technology in recent advanced system such as the Device-to-Device (D-to-D) and Machine-to-machine (M-to-M) communications. The scheme indicated here is firstly to obtain the conjugate product of the OFDM signal and its delayed signal, then take Fourier transformation of such product, which is called Cyclostationary Autocorrelation Function (CAF) addressing the cyclostationarity nature. In this report, several performance characteristics of the signal in the process of feature detection are firstly described in the analytical expression, which is derived by the stochastic theory and spectral analysis. Since the analysis is not able to cover all characteristic, some issues are supplemented by the software simulation. Some application measures are also addressed such as estimation method of input C/N at the receiver, system discrimination scheme by using different CP length, and timing offset detection method, in the situation that two systems using OFDM signal are operated in the same frequency band. These technologies will contribute to efficient use of limited frequency resources, since new communication system should share them with the existing system.
キーワード (和) OFDM信号 / 特徴検出方式 / サイクリックプリフィックス / 周期自己相関信号 / Device-to-Device(D-to-D)通信 / C/N推定方式 / システム識別方式 / 時間同期ずれ  
(英) signal detection scheme / feature detection / Device-to-Device communication, / Cyclic Prefix / Cyclostationary Autocorrelation Function (CAF) / C/N estimation / system discrimination / timing offset  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 491, SR2014-112, pp. 7-14, 2015年3月.
資料番号 SR2014-112 
発行日 2015-02-25 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM信号のCyclic Prefix(CP)を用いた特徴検出方式の特性とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance characteristics of feature detection scheme using Cyclic Prefix (CP) in OFDM and its applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM信号 / signal detection scheme  
キーワード(2)(和/英) 特徴検出方式 / feature detection  
キーワード(3)(和/英) サイクリックプリフィックス / Device-to-Device communication,  
キーワード(4)(和/英) 周期自己相関信号 / Cyclic Prefix  
キーワード(5)(和/英) Device-to-Device(D-to-D)通信 / Cyclostationary Autocorrelation Function (CAF)  
キーワード(6)(和/英) C/N推定方式 / C/N estimation  
キーワード(7)(和/英) システム識別方式 / system discrimination  
キーワード(8)(和/英) 時間同期ずれ / timing offset  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 定 知生 / Tomoki Sada / サダ トモキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 伸吾 / Shingo Watanabe / ワタナベ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-112 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会