電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 10:50
トレリスシェイピングされたM-QAM変調信号の受信誤り率に関する理論的検討
吉沢竜太落合秀樹横浜国大
抄録 (和) トレリスシェイピング(TS: Trellis Shaping)は,1992年にForneyによってQAM変調信号の平均電力低減のために提案され,その後シングルキャリアおよび直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal Frequency-Division Multiplexing)信号のピーク対平均電力比(PAPR: Peak-to-Average Power Ratio)の低減への応用が提案されるなど,高い柔軟性を有した信号制御手法である.一方で,TSに関するこれまでの研究はシミュレーションに基づいたものが主であり,その特性の理論的な検討についてはほとんど行われてこなかった.そこで本稿では,TSの受信シンボル誤り率(SER:
Symbol Error Rate)および受信ビット誤り率(BER: Bit Error Rate)について理論的検討を行う. 
(英) Trellis shaping (TS), originally proposed by Forney in 1992 for average power reduction of quadrature ampliture modulation (QAM) signals, is a signal control technique using the structure of convolutional code, and recently, TS has been applied to peak-to-average power (PAPR) reduction of orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM) signals. Even though the TS has been well studied in the literature so far, most existing works on TS investigate its performance based on Monte-Carlo simulation and the theoretical analysis methods for TS have not been developed at all. Therefore, in this paper, we develop a theoretical bit error rate (BER) as well as the symbol error rate (SER) of TS.
キーワード (和) トレリスシェイピング / 理論ビット誤り率 / 理論シンボル誤り率 / / / / /  
(英) Trellis shaping / Theoretical Bit Error Rate / Theoretical Symbol Error Rate / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-312, pp. 65-70, 2015年3月.
資料番号 RCS2014-312 
発行日 2015-02-25 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トレリスシェイピングされたM-QAM変調信号の受信誤り率に関する理論的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Error Rate Analysis of Trellis Shaping Systems with M-QAM Constellations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トレリスシェイピング / Trellis shaping  
キーワード(2)(和/英) 理論ビット誤り率 / Theoretical Bit Error Rate  
キーワード(3)(和/英) 理論シンボル誤り率 / Theoretical Symbol Error Rate  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉沢 竜太 / Ryota Yoshizawa / ヨシザワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-312 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会