電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 13:35
非線形増幅された多値BPSKを用いるSSB-DFTs-OFDM方式の性能評価
二瓶茂樹房安宏和梅比良正弘茨城大)・増野 淳阿部順一杉山隆利NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ディジタルSSB変調方式は、DSBのディジタル変調信号の帯域を1/2にできるため、周波数利用効率(bit/s/Hz)の改善が期待できるが、変調信号が実数でなければSSB化できないためQPSKなどの多値変調への適用は困難であり、その検討例は少ない。最近、周波数選択性フェージング下で良好な特性を期待できるDFTs-OFDMのSSB化が提案されており、1つの有望な手法として期待できる。本報告では、変調信号が実数となる多値BPSKを用いたSSB-DFTs-OFDM信号について、非線形増幅された場合の隣接チャネル漏洩電力や誤り率特性を計算機シミュレーションにより評価した。 
(英) SSB (Single Side Band) transmission of digital modulation signals can reduce the bandwidth of DSB (Double Side Band) digital modulation signals by half. Therefore, SSB digital modulation is expected to improve the frequency efficiency (bit/s/Hz), however as modulation signal must be real for SSB transmission, there are just a few research report so far. Recently, SSB transmission based on DFTs-OFDM (Discrete Fourier Transform spreading Orthogonal Frequency Division Multiplexing), which is robust to frequency selective fading, have been proposed. This report describes performance evaluation of SSB-DFTs-OFDM signal using multi-level BPSK (Binary Phase Shift Keying) to make modulation signal real. Computer simulation results such as adjacent cannel leakage power and bit error rate performance are compared with DFTs-OFDM and OFDM.
キーワード (和) SSB / DFTs-OFDM / 多値BPSK / 周波数利用効率 / 非線形増幅 / / /  
(英) SSB / DFTs-OFDM / Multi-level BPSK / Frequency efficiency / Non-linear amplifier / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-327, pp. 153-158, 2015年3月.
資料番号 RCS2014-327 
発行日 2015-02-25 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2015-03-04 - 2015-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形増幅された多値BPSKを用いるSSB-DFTs-OFDM方式の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of SSB-DFTs-OFDM using multi-level BPSK through non-linear amplifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SSB / SSB  
キーワード(2)(和/英) DFTs-OFDM / DFTs-OFDM  
キーワード(3)(和/英) 多値BPSK / Multi-level BPSK  
キーワード(4)(和/英) 周波数利用効率 / Frequency efficiency  
キーワード(5)(和/英) 非線形増幅 / Non-linear amplifier  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二瓶 茂樹 / Shigeki Nihei / ニヘイ シゲキ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 房安 宏和 / Hirokazu Fusayasu / フサヤス ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 順一 / Jun-ichi Abe / アベ ジュンイチ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-327 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会