お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:00
[ポスター講演]符号変調視覚誘発電位脳コンピュータインターフェースのための信頼度に基づく自動再送要求の適用に関する研究
佐藤純一鷲沢嘉一電通大EA2014-97 SIP2014-138 SP2014-160
抄録 (和) 視覚刺激を用いたBrain-Computer Interface(BCI)の中でも,符号変調された視覚刺激を利用したc-VEP BCI(code modulation VEP BCI)は高い識別率,情報転送量を持つことから近年注目されている.従来のc-VEP BCI 研究では一定の計測時間の中で識別率を向上させる試みがなされているが,加算平均回数を増やすことで,識別率を向上させることができると考えられる.しかしながら,加算平均回数を増やすと文字入力の速度が低下してしまうため,識別率を保ちつつ必要最小限の加算平均回数を設定することが必要である.本研究では,c-VEP BCI に信頼度に基づく自動再送要求を適用して,識別までの加算平均回数を動的に決定し,識別率,情報転送量の向上を図る.また,入力速度を向上させるために,従来使われていた63bit のM 系列の他に,32bit のM 系列,15bit の嵩系列を変調符号として利用し,その性能を比較検討する. 
(英) Code modulation visual evoked potential brain computer interface (c-VEP BCI) has been researched widely. The accuracy of c-VEP is improved by averaging of multiple VEPs. The number of averaging determines a tradeoff between its accuracy and input speed, and thus it should be carefully tuned.
In this paper, we apply the automatic repeat request to c-VEP BCI in order to obtain the optimal number of averaging. Furthermore, we also introduce shorter M-sequence and Kasami-sequence to improve the input speed. Experimental results demonstrates the performance of the proposed methods.
キーワード (和) 脳コンピュータインターフェース / 視覚刺激 / 符号変調 / 自動再送要求 / / / /  
(英) Brain-Computer Interface / Visual stimuli / Code modulation / ARQ / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 474, SIP2014-138, pp. 133-138, 2015年3月.
資料番号 SIP2014-138 
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-97 SIP2014-138 SP2014-160

研究会情報
研究会 SIP EA SP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) ホテルミヤヒラ(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電気音響,音声,信号処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2015-03-SIP-EA-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号変調視覚誘発電位脳コンピュータインターフェースのための信頼度に基づく自動再送要求の適用に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliability-based Automatic Repeat Request for Code Modulation Visual Evoked Potentials in Brain Computer Interfaces 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳コンピュータインターフェース / Brain-Computer Interface  
キーワード(2)(和/英) 視覚刺激 / Visual stimuli  
キーワード(3)(和/英) 符号変調 / Code modulation  
キーワード(4)(和/英) 自動再送要求 / ARQ  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 純一 / Jun-ichi Sato / サトウ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲沢 嘉一 / Yoshikazu Washizawa /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2014-97,IEICE-SIP2014-138,IEICE-SP2014-160 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.473(EA), no.474(SIP), no.475(SP) 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2015-02-23,IEICE-SIP-2015-02-23,IEICE-SP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会