お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
多方向頭部伝達関数のARXモデリング
金井関利慶大)・松井健太郎NHK/慶大)・中山靖茂NHK)・足立修一慶大EA2014-124 SIP2014-165 SP2014-187
抄録 (和) 本稿では,多方向の頭部伝達関数(HRTF)を多入力1出力系とみなし,多入力1出力のARXモデルによって同時推定する方法を報告する.ARXモデルを用いると,多方向のHRTFの極が共通しパラメータ数を削減できる.同時推定にはモデルを求める最小二乗法が解けるような入力信号が必要であるが,本稿ではM系列を推移させてそのような入力信号を作成する方法を提案する.この入力を用いて24方位のHRTFを同時推定する実験を行った結果,約2/3のパラメータ数で求められたHRTFが1方向ごとに推定したHRTFとほぼ一致した. 
(英) A set of HRTFs from multi-direction to the ear can be estimated simultaneously by regarding as a multi-input single-output (MISO) system. In this paper, a set of HRTFs from multi-direction are estimated as an MISO auto-regressive exogenous (ARX) model. By using an ARX model, we have common poles for all HRTFs from multi-direction. In order to identify an MISO ARX model, We also propose identification input design method. In this method, input signals are generated by shifting a pseudo-random sequence. The experimental result of estimating 24 HRTFs indicated that the proposed method enables us to obtain HRTFs almost the same as HRTFs estimated one by one as a 128 taps FIR model.
キーワード (和) 頭部伝達関数 / 多入力1出力系 / ARXモデル / M系列 / システム同定 / / /  
(英) head-related transfer function / multi-input single-output / ARX / maximum length sequence / system identification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 473, EA2014-124, pp. 291-294, 2015年3月.
資料番号 EA2014-124 
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-124 SIP2014-165 SP2014-187

研究会情報
研究会 SIP EA SP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) ホテルミヤヒラ(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電気音響,音声,信号処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2015-03-SIP-EA-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多方向頭部伝達関数のARXモデリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-input single-output ARX modeling of multi-directional head-related transfer functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭部伝達関数 / head-related transfer function  
キーワード(2)(和/英) 多入力1出力系 / multi-input single-output  
キーワード(3)(和/英) ARXモデル / ARX  
キーワード(4)(和/英) M系列 / maximum length sequence  
キーワード(5)(和/英) システム同定 / system identification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 関利 / Sekitoshi Kanai / カナイ セキトシ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 健太郎 / Kentaro Matsui / マツイ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会/慶應義塾大学 (略称: NHK/慶大)
Japan Broadcasting Corporation/Keio University (略称: NHK/Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 靖茂 / Yasushige Nakayama / ナカヤマ ヤスシゲ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 修一 / Shuichi Adachi / アダチ シュウイチ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-124,IEICE-SIP2014-165,IEICE-SP2014-187 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.473(EA), no.474(SIP), no.475(SP) 
ページ範囲 pp.291-294 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2015-02-23,IEICE-SIP-2015-02-23,IEICE-SP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会