お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 10:45
[ポスター講演]パワー包絡とスペクトル帯域比を用いたマルチステージ危険音検出
岡本亜紗子林田亘平中山雅人西浦敬信立命館大EA2014-122 SIP2014-163 SP2014-185
抄録 (和) 近年,住居への不正侵入や異常事態の検出を目的として,ビデオカメラが使用されている.しかし,ビデオカメラは暗所や死角での異常検出が困難であるという問題が存在する.そこで,日常生活において発生する環境音を利用した危険音検出システムが注目されている.従来の危険音検出において,様々な危険音を統合して構築した 1つの音響モデルを用いる手法が検討されてきた.しかし,従来手法ではモデルを構築する際の音響特徴量についての検討がされておらず,検出性能が十分ではないという問題が存在した.そこで本研究では危険音検出に有効な音響特徴量を検討することで危険音の検出性能向上を目指す.特に危険音が多重衝突音と単発音に大別できることに着目し,多重衝突音に対してはパワー包絡,単発音に対してスペクトル帯域比を用いて識別を行うマルチステージ危険音検出手法を提案する.評価実験の結果,多重衝突音に対してパワー包絡,単発音に対してスペクトル帯域比を用いることで危険音の検出性能が向上することが確認できた. 
(英) Danger sound detection methods with environmental sounds have been proposed for monitoring the safety of the elder people. In the past, an acoustic model of danger sounds has been frequently employed for danger sound detection. However, the conventional method has a problem that detection accuracy of danger sounds is insufficient. Therefore, the study of the acoustic features for the acoustic models is required. We then try to consider the acoustic features suitable for danger sounds. We paid attention to that danger sounds can be classified into the sound of multiple collisions and the sound of single collision. And, we propose the multi-stage danger sound detection based on the power envelope for the sound of multiple collisions and the spectral ratio for the sound of single collision. From an evaluation experiment, we confirmed the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 危険音検出 / 音響特徴量 / パワー包絡 / スペクトル帯域比 / / / /  
(英) Danger sound detection / Acoustic features / Power envelope / Spectral ratio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 474, SIP2014-163, pp. 279-284, 2015年3月.
資料番号 SIP2014-163 
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-122 SIP2014-163 SP2014-185

研究会情報
研究会 SIP EA SP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) ホテルミヤヒラ(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電気音響,音声,信号処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2015-03-SIP-EA-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パワー包絡とスペクトル帯域比を用いたマルチステージ危険音検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-stage danger sound detection based on power envelope and spectal ratio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 危険音検出 / Danger sound detection  
キーワード(2)(和/英) 音響特徴量 / Acoustic features  
キーワード(3)(和/英) パワー包絡 / Power envelope  
キーワード(4)(和/英) スペクトル帯域比 / Spectral ratio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 亜紗子 / Asako Okamoto / オカモト アサコ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 亘平 / Kohei Hayashida / ハヤシダ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 10:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2014-122,IEICE-SIP2014-163,IEICE-SP2014-185 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.473(EA), no.474(SIP), no.475(SP) 
ページ範囲 pp.279-284 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2015-02-23,IEICE-SIP-2015-02-23,IEICE-SP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会