電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:50
フェリー支援型DTNにおけるクラスタ間の近傍性を考慮した訪問順序決定方式
泉 芳明阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,過疎地における安価な通信インフラや被災地における緊急用ネットワー
クの構築が求められている.このような環境では,過疎地における村,被災地
における避難所といった孤立した拠点(クラスタ)が複数存在する.そこで本
研究では,メッセージフェリーと呼ばれる特別な移動ノードがクラスタを巡回
し,外部ネットワークへのアクセス回線を有した特別なクラスタ(ベースクラ
スタ)を介して外部ネットワークとの通信を実現するフェリー支援型DTNに着
目する.フェリー支援型DTNでは,フェリーのクラスタに対する訪問順序が,
平均配送遅延(各クラスタで発生したデータがフェリーによってベースクラス
タに届けられるまでの平均時間)を決める.本研究では,既存の訪問順序をク
ラスタ間の近傍性を考慮して組み合わせたハイブリッド型訪問順序決定方式を
提案する.シミュレーションにより平均配送遅延の観点から提案方式の有効性
を評価する. 
(英) Recently, it has been required to construct inexpensive communication
infrastructures in rural areas and emergency networks in disaster
areas. In such environments, there are multiple isolated clusters,
such as villages in rural areas or emergency shelters in disaster
areas. In this paper, we focus on ferry-assisted DTNs, where a
special mobile node called a message ferry visits clusters to support
communication with external networks through a special cluster with
access links to external networks, called a base cluster. In the ferry
assisted DTNs, visiting order of the message ferry determines the mean
delivery delay of data (bundles), which is the average time interval
from the generation of a bundle in a cluster to the completion of its
delivery to the base cluster. In this paper, we propose a hybrid
visiting order method that combines the two types of existing visiting
order in consideration of the proximity between clusters. Through
simulation experiments, we evaluate the effectiveness of the proposed
method in terms of the average delivery delay.
キーワード (和) フェリー支援型DTN / クラスタ間の近傍性 / 訪問順序 / 平均配送遅延 / / / /  
(英) Ferry-assisted DTN / proximity between clusters / visiting order / mean delivery delay / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-266, pp. 523-528, 2015年3月.
資料番号 NS2014-266 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フェリー支援型DTNにおけるクラスタ間の近傍性を考慮した訪問順序決定方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visiting Order Considering Proximity between Clusters in Ferry-Assisted DTNs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェリー支援型DTN / Ferry-assisted DTN  
キーワード(2)(和/英) クラスタ間の近傍性 / proximity between clusters  
キーワード(3)(和/英) 訪問順序 / visiting order  
キーワード(4)(和/英) 平均配送遅延 / mean delivery delay  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 芳明 / Yoshiaki Izumi / イズミ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-266 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.523-528 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会