電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:20
仮想エッジアーキテクチャと帯域制御技術
三澤 明中川雅弘望月このみ土屋英雄服部恭太片山 勝NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,サーバ仮想化技術の急速な発展から,NFVやSDNのように,NW転送部に仮想化を取り入れる技術が議論されている.NWエッジは,他網との転送情報を交換し,サービスを提供し,公平性やセキュリティ,輻輳からNWを守るための様々な機能を持っている。これらのエッジ機能を仮想化することで,ユーザやサービス環境の変化に合わせた資源利用効率の高いサービス提供が可能となる。本稿では,このエッジ機能を仮想化したNW仮想化機能と,エッジ仮想化に起因したトラヒックフローの変化に追随し,メトロ網資源を有効に利用可能となるWDM/TDM転送機能を組み合わせた仮想エッジアーキテクチャを提案する. 
(英) Recently, network virtualization in term of Network Function Virtualization (NFV) and SDN has been great concern owing to emerging virtualization technology of cloud servers. Network edge equipment is important and complicated function in the network edge in order to keep fairness and security and so on. We propose novel virtual network edge architecture using virtualized network functions to treat traffic flow control and WDM/TDM photonic switching technology to utilize resource of metro network efficiently.
キーワード (和) NW仮想化 / 仮想エッジ / PON / NFV / WDM/TDM / / /  
(英) NW Virtualization / Virtual edge / PON / NFV / WDM/TDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-212, pp. 203-208, 2015年3月.
資料番号 NS2014-212 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想エッジアーキテクチャと帯域制御技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Virtual edge architecture and bandwidth resource contorol method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NW仮想化 / NW Virtualization  
キーワード(2)(和/英) 仮想エッジ / Virtual edge  
キーワード(3)(和/英) PON / PON  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) WDM/TDM / WDM/TDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 明 / Akira Misawa / ミサワ アキラ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 このみ / Konomi Mochizuki / モチヅキ コノミ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 英雄 / Hideo Tsuchiya / ツチヤ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 恭太 / Kyota Hattori / ハットリ キョウタ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 勝 / Masaru Katayama / カタヤマ マサル
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-212 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会