電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:50
OpenFlowネットワークにおける経路情報切替処理の監視に関する一考察
吉田幸平工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・後藤厚宏情報セキュリティ大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェアを用いてネットワークを管理するSDNでは,動的なネットワーク経路制御情報の変更を容易に行うことができる.しかし,全てのスイッチにおいて完全に同期をとり同時に経路制御情報の切り替えを行うことは困難である.そのため,切り替え処理中はネットワーク内に切り替え前のスイッチと切り替え済みのスイッチが混在する時間帯が生じ,この非同期的な時間帯に経路ループやパケット損失が発生することがあると考えられる.これらの一時的な非同期状態に起因するパケット損失に関する調査を行うためには,ネットワーク内に存在する複数のネットワーク機器の動作を統合的に観察する必要があるが,各ネットワーク機器はそれぞれがOSなどの基盤ソフトウェアを持ち独立に稼働するシステムであるため,統合的な観察や解析を行うことは容易ではない.本稿ではOpenFlowを用いるSDNを想定し,経路制御情報の変更時のOpenFlowネットワーク観察手法と,その可視化手法を提案する.具体的には,OpenFlowネットワークをオープンソースソフトウエアを用いて構築し,それらの実装に処理履歴の保存機能を追加し,各スイッチの各層で記録された履歴を統合的に解析する手法を提案する.そして,提案手法を用いてパケット損失を解析した結果を示し,本手法の有用性を示す. 
(英) Using SDN, network services can be managed by a centralized controllerand their setting can be dynamically modified. However, updatingcannot be executed at the same time. Thus, dynamic modification causesan asynchronous state in which switches having newer information andolder information exist simultaneously. This asynchronous state mayresult in packet losses. For discussing this issue, an integratedanalyses which covers switchers in a network is required. In thispaper, we focus on SDN using OpenFlow and propose an integratedanalyzing method. For observing behaviors of OpenFlow switches,monitoring functions are introduced to OpenFlow switchesimplementations. The proposed method gathers monitored events andanalyzes them comprehensively. We applied the method for an OpenFlownetwork and observed events during dynamic modification. Ourexperiments demonstrate that the method can highlight the cause ofpacket losses
キーワード (和) SDN / OpenFlow / / / / / /  
(英) SDN / OpenFlow / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-258, pp. 475-480, 2015年3月.
資料番号 NS2014-258 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowネットワークにおける経路情報切替処理の監視に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Monitoring of FlowMod Processing in OpenFlow Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 幸平 / Kohei Yoshida / ヨシダ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 正人 / Masato Oguchi / 小口 正人
第3著者 所属(和/英) お茶の水大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 厚宏 / Atsuhiro Goto / ゴトウ アツヒロ
第4著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 周 / Shu Yamamoto / ヤマモト シュウ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi /
第6著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-258 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.475-480 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会