お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 17:20
マルチエージェント信号制御メカニズムの提案と評価
高橋光紀篠田孝祐諏訪博彦栗原 聡電通大AI2014-40
抄録 (和) 交通渋滞は時間的損失だけではなく,経済的損失,環境汚染などの社会的問題を引き起こし,都市生活において深刻な問題となっている.この交通渋滞の問題を解消するために高度なカーナビゲーションシステムや,信号制御手法に関する研究が盛んに行われている.我々もこれまで,各交差点に存在する信号機を制御するエージェントを配することで,交通流の変化に即応して信号機のパラメータ値を自律的に操作し,動的な交通流にも対応した手法を提案している.しかし,このモデルでは,特定の条件において,交通流を効果的に制御することが困難な場合があった.そこで,本研究では特定の条件にも対応する信号制御を提案し,シミュレーションを行う.シミュレーションによる評価を行った結果,スプリットを統一したグリーンウェーブを形成する制御を行うことで,効率的な信号制御を
行えることを確認した. 
(英) Traffic congestion is a serious problem in urban life causing social problems such as time loss, economical loss, and environmental pollution. we propose a multi agent based traffic light control framework for intelligent transport systems. We proposed a traffic light control framework based on a multi-agent paradigm to react to dynamic traffic flow, decrease the number of cars stopping at a red light, and adaptively form a green-wave control group. However, in this model in some cases it is difficult to effectively control the traffic flow in certain conditions. Traffic signal control has proposed a control to unify the split of the Green Wave. Simulation results, the proposed method has a good results.
キーワード (和) 信号制御 / ITS / マルチエージェント / 交通シミュレーション / / / /  
(英) Signal Control / ITS / Multi Agent / Traffic simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 481, AI2014-40, pp. 1-6, 2015年3月.
資料番号 AI2014-40 
発行日 2015-02-24 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2014-40

研究会情報
研究会 AI JSAI-KBS JSAI-DOCMAS JSAI-SAI IPSJ-ICS  
開催期間 2015-03-01 - 2015-03-04 
開催地(和) ルスツリゾート 
開催地(英)  
テーマ(和) 社会システムと情報技術 
テーマ(英) Social System and Information Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2015-03-AI-KBS-DOCMAS-SAI-ICS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチエージェント信号制御メカニズムの提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of Multi-Agent signal control mechanism 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信号制御 / Signal Control  
キーワード(2)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(3)(和/英) マルチエージェント / Multi Agent  
キーワード(4)(和/英) 交通シミュレーション / Traffic simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 光紀 / Mitsunori Takahashi / タカハシ ミツノリ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 孝祐 / Kosuke Shinoda / シノダ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 博彦 / Hirohiko Suwa / スワ ヒロヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 聡 / Satoshi Kurihara / クリハラ サトシ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2014-40 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会