電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:30
API互換方法に関する一考察
松浦亮介歌原 崇NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) APIを利用したサービス開発が普及すると,サービスの可用性は利用するAPIマターとなる.そのため,可用性の高いAPIを利用したサービス開発が望ましいが,複数のAPIを利用する場合は,利用しているAPIの中でも可用性の最も低いAPIにサービスの可用性が引きずられてしまう.そこで,複数のAPIを利用したアプリ開発にて可用性の向上をさせることが必要とされる.本稿では,APIを利用したアプリ開発において,利用するAPIが所望の動作をしなかった場合に,互換性が担保されている別のAPIを利用して動作させる方法について提案する.これによってAPIを利用したサービスの可用性を向上させることができる. 
(英) If the service development using APIs becomes standard way, its availability depends on APIs. Therefore, we recommend using highly available APIs for the service development. However, in the case of the service development using several APIs, the service availability depends on the lowest availability APIs. So, in the case of the service development using several APIs, it is required to increase availability. In this paper, we suggest that the way for using another compatible APIs. As a result, we can increase the service availability for the application using APIs.
キーワード (和) API提供機能 / IF変換機能 / 互換機能 / API設計 / / / /  
(英) API Management Platform / IF Translation / Compatible function / API design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-265, pp. 517-522, 2015年3月.
資料番号 NS2014-265 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) API互換方法に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Compatible Way for APIs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) API提供機能 / API Management Platform  
キーワード(2)(和/英) IF変換機能 / IF Translation  
キーワード(3)(和/英) 互換機能 / Compatible function  
キーワード(4)(和/英) API設計 / API design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 亮介 / Ryosuke Matsuura / マツウラ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 歌原 崇 / Takashi Utahara / ウタハラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-265 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.517-522 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会