電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:20
過密な無線LAN環境におけるユーザ移動協力を用いた品質向上制御
堀内咲江福井大)・三好一徳村瀬 勉NEC)・橘 拓至福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,公衆無線LAN の設置やモバイルルータの普及により,限られた範囲内で多数の無線LAN が使用されるようになっている.このような状況では,各無線LAN で使用する周波数チャネルのオーバーラップが避けられず,干渉が生じてスループットが低下してしまう.しかしながら,各無線LAN の配置がある一定の条件を満たせば,キャプチャ効果によってシステム全体のスループットが改善されることが知られている.それゆえ本稿では,キャプチャ効果が得られる無線LAN の配置になるように,ユーザの移動協力を用いた品質向上制御を提案する.提案法では,干渉とキャプチャ効果を考慮したシステムスループット計算用シミュレータを利用し,計算した平均システムスループットと移動距離から各位置の効用値を導出し,効用値が最も高い位置への移動を促す.提案法の性能を様々な環境下で評価し,提案法を用いることで適切な位置へのユーザ移動を制御できることを示す. 
(英) Recently, mobile routers become widely used and a large number of wireless access points are provided, and hence the number of wireless LANs in a limited area increases signifi cantly. Such wireless LANs utilize channels that overlap each other, and the wireless LANs are interfered with each other degrading the system throughput. However, if the development of wireless LANs satisfy a specifi ed condition, the system throughput is improved by obtaining the capture effect. Therefore, in this paper, we propose a QoS improvement method by user's cooperative moving so that the system throughput increases with the capture effect. In the proposed method, the system throughput is calculated at each point by using the simulator that considers the capture effect and the interference, and the utility is derived from the system throughput and the moving distance. Then, the proposed method encourages a user to move the point whose utility is the highest. We evaluate the performance of our proposed method in some situations and show the effectiveness of this method.
キーワード (和) 無線LAN / 干渉 / キャプチャ効果 / スループット / 効用関数 / / /  
(英) Wireless LAN / Interference / Capture effect / Throughput / Utility function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-220, pp. 251-256, 2015年3月.
資料番号 NS2014-220 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過密な無線LAN環境におけるユーザ移動協力を用いた品質向上制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoS Improvement by User's Cooperative Moving in Densely Deployed Wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(3)(和/英) キャプチャ効果 / Capture effect  
キーワード(4)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(5)(和/英) 効用関数 / Utility function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 咲江 / Sakie Horiuchi / ホリウチ サキエ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 一徳 / Kazunori Miyoshi / ミヨシ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 拓至 / Takuji Tachibana / タチバナ タクジ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-220 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会