電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 10:30
OpenFlowによる減災情報ネットワーク冗長化の評価実験
芳根 歩水野 修工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 震災時に円滑な通信を行うことを目的とし,減災情報ネットワークの構築を行っている.減災情報ネットワークを構成する要素の1つである長距離無線LANシステムでは,これまでの実験運用結果から,パケットロスによるスループット低下が発生する事象を確認した.そこで,長距離無線LANシステムに冗長性を持たせることで,減災情報を持続的に伝送可能なシステムの構築を行う.
長距離無線LANシステムは2回線から構築されているため,各回線の帯域変動に合わせた通信切替え方式を,柔軟なネットワーク制御が可能であるopenflowにより実現した.また実装した提案システムを用いて評価実験を行った. 
(英) We proposed the Mitigation Information Network System to share mitigation information without using telecom infrastructure. The long distance wireless LAN system is subsystem of the Mitigation information network. From the experimental operation results, throughput is not stable because of packet loss and transmission error. Therefore, it is possible to provide redundancy for the long distance wireless LAN system for continuously transmission of mitigation information.
To operate the long distance wireless LAN system with two lines, it is required the switching system tailored to the bandwidth variation of each line. In addition, the system is implemented using OpenFlow technology to realize flexible network control. To evaluate experiment, the redundant system has been implemented.
キーワード (和) OpenFlow / 減災情報ネットワーク / 長距離無線LAN / / / / /  
(英) OpenFlow / Disaster Information Network / Long-distance Wireless LAN / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-223, pp. 269-273, 2015年3月.
資料番号 NS2014-223 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowによる減災情報ネットワーク冗長化の評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation experiment of disaster mitigation information network redundancy by OpenFlow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) 減災情報ネットワーク / Disaster Information Network  
キーワード(3)(和/英) 長距離無線LAN / Long-distance Wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳根 歩 / Ayumu Yoshine / ヨシネ アユム
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno /
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-223 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.269-273 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会