電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:30
高速なコンテンツ配信のための交通機関を活用したコンテンツオフロード方式
金井謙治黒川沙代木皿寛人甲藤二郎早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,配信サーバへのコンテンツ到達時間を削減することを目的とした交通機関を活用したコンテンツオフロード方式を紹介した.本提案手法では,輻輳,障害エリアに居るユーザは,コンテンツ配信する際に,コンテンツを交通機関へ一時的に預け,交通機関が非輻輳エリアまで運搬し,転送を試みる方式である.性能評価として,理論モデルを構築し,シミュレーション評価を用い,その精度検証および性能評価を行った.実環境を想定した評価では,データ転送量が大きくなるほど大幅にコンテンツ到達時間を抑えられることを確認した. 
(英) In this paper, we introduce a content offload scheme utilizing transportation systems to reduce uploading time. In our proposal, when a mobile user experiences network congestion or communication failure, his/her content data are not uploaded to a content server directly, but are stored by a server located on the transportation systems temporarily and forwarded to the content server after the transportation systems move to other areas where communication quality is high. We employ an analytical model for this scheme and evaluate its performance by using computer simulations and model based analysis. Evaluations conclude that our scheme can drastically reduce uploading time rather than a cellular congestion case as the size if upload data gets larger.
キーワード (和) トラフィックオフロード / 交通機関 / コンテンツ配信 / 移動ユーザ / / / /  
(英) Traffic offload / Transportation systems / Content delivery / Mobile user / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-253, pp. 445-450, 2015年3月.
資料番号 NS2014-253 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速なコンテンツ配信のための交通機関を活用したコンテンツオフロード方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Content Offloading Scheme utilizing Transportation Systems for High Speed Content Delivery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラフィックオフロード / Traffic offload  
キーワード(2)(和/英) 交通機関 / Transportation systems  
キーワード(3)(和/英) コンテンツ配信 / Content delivery  
キーワード(4)(和/英) 移動ユーザ / Mobile user  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 沙代 / Sayo Kurokawa / クロカワ サヨ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木皿 寛人 / Hiroto Kisara / キサラ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-253 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.445-450 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会