電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:00
広域L2/L3網を使った仮想ネットワーク構成法の提案
北村匡彦君山博之藤井竜也NTT)・丸山 充神奈川工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) クラウド技術の進展により,映像処理・配信のように大容量データをクラウド内で処理・転送し,クラウド間でデータ共有する場面が非常に多くなってきている.こうしたクラウド内・クラウド間での大容量データ転送では,複数あるネットワークパスから使用率が低い,可用帯域が大きいなど利用コストが低いパスを動的に選択する必要がある.しかし,既存のアプリケーション・ネットワークインフラ(既存インフラ)でこうした動的なパス切替えを行うには,既存インフラに機能追加が必須になり現実的ではない.そこで,本発表では,OpenFlow技術用いて既存インフラに機能追加せずにフレキシブルにパス切替を実現するネットワーク構成技術を提案する.実際に,OpenFlowスイッチをL2/L3網で構成した広域パブリックネットワーク内に配置し,本構成技術を適用することで,既存インフラに手を加えずに帯域1.7Gbit/sのフロー(非圧縮HD映像ストリーム)を動的にパス切替し伝送するシステムが実現可能であることを確認した. 
(英) The impact of virtualization technology on computing brings high performance processing, even video editing workflows, into the cloud. These cloud tasks handle a variety of data, which causes the very large traffic in a cloud.
From the cost of service in transferring these large sized data on network among the VMs, one needs to select the most efficient and reasonable network paths. To this end, this paper describes on how to construct virtual networking by a dynamic-NAT way with OpenFlow switches. Results show the feasibility of the proposed system to generate virtual networking for simple video streaming of 1.7Gbit/sec and its dynamic path switching without any configurations of application over the conventional L2/L3 networks.
キーワード (和) Software-defined Nwtworking / OpenFlow / マルチパス切替 / 大容量データ転送 / / / /  
(英) Software-defined Nwtworking / OpenFlow / Multipath Switching / Large-sized Data Moving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-211, pp. 197-202, 2015年3月.
資料番号 NS2014-211 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広域L2/L3網を使った仮想ネットワーク構成法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sturdy on Framework for Virtual Networking over Wide-area L2/L3 Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Software-defined Nwtworking / Software-defined Nwtworking  
キーワード(2)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(3)(和/英) マルチパス切替 / Multipath Switching  
キーワード(4)(和/英) 大容量データ転送 / Large-sized Data Moving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 匡彦 / Masahiko Kitamura / キタムラ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 君山 博之 / Hiroyuki Kimiyama / キミヤマ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 竜也 / Tatsuya Fujii / フジイ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 充 / Mitsuru Maruyama / マルヤマ ミツル
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-211 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.197-202 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会