お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:00
テンポラルネットワーク上での伝染病感染ダイナミクス
阿部晃士島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2014-143
抄録 (和) エボラ出血熱やデング熱など,多種多様な伝染病が国内外で流行している.これらの伝染病がどのような感染ダイナミクスを有するのかを調査することは,伝染抑制の観点からも重要である.このような考えの下,様々な伝染病の感染の数理モデルが提案されている.例えば,D. J. WattsとS. H. Strogatzは,多くの現実のネットワークが有するスモールワールド性を再現する数理モデルを提案し,その上で病気がどのように伝染していくのかを報告している.しかし,Wattsらの実験では,ネットワーク構造の時間変化が考慮されていない.そこで,本研究では,病院と高校において,Radio Frequency Identifierにより実際に観測された人と人のコンタクトパターンの時間変動データを用いて,テンポラルネットワーク上でどのように伝染病が拡まっていくかを数値実験により調査した.病気への感染率や病気に感染している期間を変化させて実験を行った結果,病気に感染した頂点を隔離すべき臨界時間の存在が明らかとなった.また,病院と高校での感染の拡がり方の違いについても報告する. 
(英) Ebola out break in Western Africa and Dengue pandemic have attracted much attention.To avoid spreads and break-outs of infectious diseases, it is important to construct a mathmatical model of infectious diseases and analize it dynamical behavior.For example, D. J. Watts and S. H. Strogatz have proposed a mathematical model of small world networks and reported how infectious diseases are spread on their model. Although they show interesting results, temporal changes in a network structure is not considered in their experiments.In this report, we investigate how infectious diseases are spread on real networks by using data of person-to-person interactions recorded by a radio frequency identifier at a hospital and a high school.Our results shows existence of a critical time that will determine whether the infectious diseases become pandemic or not.
We further investigate the difference of infection processes between the
hospital and high school.
キーワード (和) コンタクトネットワーク / テンポラルネットワーク / 伝染病 / 臨界時間 / / / /  
(英) contact network / temporal network / infectious diseases / critical time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 484, NLP2014-143, pp. 1-6, 2015年3月.
資料番号 NLP2014-143 
発行日 2015-02-24 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2014-143

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 兵庫県民会館 
開催地(英) Hyogo Prefecture Citizens' Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テンポラルネットワーク上での伝染病感染ダイナミクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Diffusion of disease on a dynamic temporal network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンタクトネットワーク / contact network  
キーワード(2)(和/英) テンポラルネットワーク / temporal network  
キーワード(3)(和/英) 伝染病 / infectious diseases  
キーワード(4)(和/英) 臨界時間 / critical time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 晃士 / Koshi Abe / アベ コウシ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕 / Yutaka Shimada / シマダ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 寛太郎 / Kantaro Fujiwara / フジワラ カンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 徹 / Tohru Ikeguchi / イケグチ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-143 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会