電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:20
コグニティブ無線環境における制御チャネル統合のための時分割方式の検討
鷹取 奨川原憲治塚本和也尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,車車間通信による様々なサービスが期待されているが,通信システムで利用可能な無線周波数帯のほぼ全てに各種サービスが固定的に割り当てられているため,時間的/空間的に利用されていない周波数帯を動的に切り替えて通信するコグニティブ無線技術が注目されている.そこでは,車両間で構成されるネットワークトポロジや利用周波数帯が頻繁に変化することから,データ通信用チャネルとは別に車車間通信のためのトポロジ情報交換用と周波数情報交換用の2つの制御チャネルの利用が想定されている.しかし,コグニティブ無線の導入時には利用可能な周波数帯は制限されることが予想されるため,両制御チャネルを1周波数帯で実現することが望ましい.そこで本研究では,両制御チャネル統合のための時分割利用方式について提案し,シミュレーションにより両者への割当時間の設定方式について調査する. 
(英) Recently, various applications are expected to be used in Vehicle-to-Vehicle Communications. However, almost all wireless frequency bands statically assigned to any services, such as commercial TV/radio, wireless LAN, and so on, the cognitive radio technology will be a promising solution in which vehicle nodes communicate each other by using and switching some wireless bands temporally and spatially unused. Since network topology among vehicle nodes and available bands often change,
besides the channel for data communication, two different control channels treating two sorts of information, respectively, are also necessary; one is used for exchanging topology information in some area and the other is for transmitting available channel information from communication-related some nodes. However, it is expected that the number of channels used for the cognitive radio network becomes small, we hence in this paper propose time division manner of one wireless band into two control channels and investigate the time allocation method for two channels by simulation.
キーワード (和) コグニティブ無線 / メディアアクセス制御 / 時分割 / シグナルキャプチャ効果 / / / /  
(英) Cognitive Radio / MAC / Time Division / Capture Effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-155, pp. 203-208, 2015年3月.
資料番号 IN2014-155 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線環境における制御チャネル統合のための時分割方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time Division Multiplexing of Wireless Band for Transmitting Two Types of control Information in Cognitive Radio Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) メディアアクセス制御 / MAC  
キーワード(3)(和/英) 時分割 / Time Division  
キーワード(4)(和/英) シグナルキャプチャ効果 / Capture Effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 奨 / Sho Takatori / タカトリ ショウ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-155 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会