電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 15:10
大規模分散システムにおける進化ゲーム理論を用いた自己組織型資源割当方式
山際慎悟阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Peer-to-Peer(P2P)ネットワークや無線センサネットワークといった大規模分散システムでは,多数の計算機資源を用いて複数のサービスを提供している.システムを構成する計算機資源は有限であることから,ユーザに高品質なサービスを提供するためには,需要に応じた計算機資源の割当が重要となる.ただし,システム規模の増大に伴い,集中型制御による資源割当は困難となる.そこで本稿では,計算機上で動作するエージェントと呼ばれるソフトウェアが自律分散的にサービスを選択することで計算機資源の割当を実現する方式を提案する.特に,このサービス選択に進化ゲーム理論を応用することで,自己組織型資源割当の実現を目指す.解析とシミュレーション評価により,収束精度,サービスシェアの空間的分布,安定性の観点から提案手法の有効性を示す. 
(英) Large distributed systems, such as peer-to-peer networks and wireless sensor networks, provide users with multiple services by using lots of computational resources. Because such resources are limited, it is important to allocate them dynamically in response to users' demands. Centralized resource allocation schemes, however, have a potential drawback of scalability. In this paper, we propose a decentralized resource allocation scheme, where agents, which are running on the computational resources, autonomously determine services to provide. Specifically, we apply evolutionary game theory to achieve self-organizing resource allocation. Through analysis and simulation experiments, we show the effectiveness of the proposed scheme in terms of convergence accuracy, spatial distribution of service share, and stability.
キーワード (和) 大規模分散システム / 自己組織型資源割当 / 進化ゲーム理論 / / / / /  
(英) Large-scale distributed system / self-organizing resource allocation / evolutionary game theory / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-267, pp. 529-534, 2015年3月.
資料番号 NS2014-267 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模分散システムにおける進化ゲーム理論を用いた自己組織型資源割当方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Organizing Resource Allocation Scheme Using Evolutionary Game Theoretic Approach for Large-Scale Distributed Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模分散システム / Large-scale distributed system  
キーワード(2)(和/英) 自己組織型資源割当 / self-organizing resource allocation  
キーワード(3)(和/英) 進化ゲーム理論 / evolutionary game theory  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山際 慎悟 / Shingo Yamagiwa / ヤマギワ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-267 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.529-534 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会