電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:20
実空間グループコミュニケーション実現のための効率的な情報収集手法の提案
藤 ひとみ塚本和也尾家祐二九工大)・石西 洋中村勝一ネットワーク応用技研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 昨今,緊急時に多様なユーザの位置や属性等の実空間情報を考慮したグループコミュニケーションへの要望が高まっている.迅速で確実な実空間グループコミュニケーションを実現するためには,提案する情報配信システム側において,より多くのユーザの情報を定期的かつ確実に把握する必要がある.
本研究では,主に広域無線通信網範囲内に存在するユーザの情報を管理サーバで集約・管理することを想定しているが,各ユーザが広域無線通信網でユニキャスト送信する場合,ユーザ数の増加に応じて送信遅延,メッセージロスが増加する.
そこで,ある一定のエリア内の代表者を自律的に決定する手法を提案する.その後,その代表者が無線LANを用いて周辺ユーザの情報を集約し,基地局に通知する事で,送信遅延,メッセージロスを低減する手法を考案する.
シミュレーション評価の結果,提案手法によってユーザの収集効率を約77{%}改善できる事を示した. 
(英) Recently, a demand for flexible group communication considering the information of users' location and property is increasing. To achieve reliable and prompt group communication, the network platform system needs to grasp user's information as much as possible.
In this paper, since the management server holds the user's information in the centralized manner, the increase in delay and message losses will happen, when each user individually notifies its information to the management server (i,e.,unicast). Therefore, we propose a new scheme in which the representative nodes are determined in the distributed manner. After that, the representative nodes collect the information from neighboring nodes and notify them to the server at once, thereby decreasing delay and message losses.
Through simulation experiments, we showed that our proposed scheme can improve the collection efficiency by 77{%}.
キーワード (和) グループコミュニケーション / ネットワーク / 広域無線通信網 / 無線LAN / 集約通知 / / /  
(英) group communication / network / wide area wireless network / wireless LAN / collection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-216, pp. 227-232, 2015年3月.
資料番号 NS2014-216 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実空間グループコミュニケーション実現のための効率的な情報収集手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Efficient Data Collection Scheme for Real-Spatial Information based Group Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グループコミュニケーション / group communication  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク / network  
キーワード(3)(和/英) 広域無線通信網 / wide area wireless network  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) 集約通知 / collection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤 ひとみ / Hitomi Fuji / フジ ヒトミ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石西 洋 / Hiroshi Ishinishi / イシニシ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社ネットワーク応用技術研究所 (略称: ネットワーク応用技研)
Network Application Engineering Laboratories, Ltd. (略称: NAL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勝一 / Katsuichi Nakamura / ナカムラ カツイチ
第5著者 所属(和/英) 株式会社ネットワーク応用技術研究所 (略称: ネットワーク応用技研)
Network Application Engineering Laboratories, Ltd. (略称: NAL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-216 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会