お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:00
[ポスター講演]ガウス重みに基づく画像補間
山口拓郎中島康博池原雅章慶大EA2014-105 SIP2014-146 SP2014-168
抄録 (和) 本書では,自己回帰(PAR)モデルに基づいた新しい補間法を提案する.PARモデルに基づいた手法であるSAIやその改良法は非常に高い水準の画像補間法である.これらは良質な復元画像を作れるものの,重みパラメータを決定する際に逆行列問題を解かなくてはいけないため,計算コストが高くなる傾向がある.そこで私達はガウス関数を用いることで,逆行列演算を行うことなくパラメータ推定を行えるようにした.さらに,SAIでは局所領域で一定としていたパラメータをピクセル単位で推定することが可能になった.これらの改良によって,提案法はSAIよりも低い計算コストながら良質な画像補間を行えるようになった.最後に私達はいくつかの実験結果をもって,提案法の有用性を確認する. 
(英) In this paper, we propose a new image interpolation method based on a 2-D piecewise stationary autoregressive (PAR) model. Soft-decision adaptive interpolation (SAI) and its improved methods which are based on PAR model are state-of-the-art methods in image interpolation. They produce upconverted images with good quality but tend to have high calculation cost because of solving the inverse matrix problem to estimate the weighting parameters. So we use Gaussian function to estimate parameters without the inverse matrix calculation and reduce the calculation cost. Moreover, parameters are estimated on pixel by pixel, while in SAI they are constant in a local window. Thanks to these, the proposed method outperforms SAI in the quality of upconversion with low calculation cost. Finally we validate the proposed method through some experimental results.
キーワード (和) 画像補間 / ガウス / PARモデル / 画像モデリング / / / /  
(英) image interpolation / Gaussian / PAR model / image modeling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 474, SIP2014-146, pp. 181-185, 2015年3月.
資料番号 SIP2014-146 
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-105 SIP2014-146 SP2014-168

研究会情報
研究会 SIP EA SP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) ホテルミヤヒラ(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電気音響,音声,信号処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2015-03-SIP-EA-SP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ガウス重みに基づく画像補間 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Interpolation based on Weighting Function of Gaussian 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像補間 / image interpolation  
キーワード(2)(和/英) ガウス / Gaussian  
キーワード(3)(和/英) PARモデル / PAR model  
キーワード(4)(和/英) 画像モデリング / image modeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 拓郎 / Takuro Yamaguchi / ヤマグチ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 康博 / Yasuhiro Nakajima / ナカジマ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 雅章 / Masaaki Ikehara / イケハラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2014-105,IEICE-SIP2014-146,IEICE-SP2014-168 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.473(EA), no.474(SIP), no.475(SP) 
ページ範囲 pp.181-185 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2015-02-23,IEICE-SIP-2015-02-23,IEICE-SP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会