電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:20
優先度付きFECを備えた順不同型UDPファイル伝送のためのトラヒック削減方式
清水倫人慶大)・北村匡彦NTT)・寺岡文男金子晋丈慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大容量ファイルに前方誤り訂正 (FEC)を付与した上でパケットサイズに分散分割保存し,FECパケットを含めてUDP受信しファイルを復号するContent Espressoという方式がある.
この方式では受信側が到着パケットを一時蓄積しFECを用いてファイルを復号するため,パケット到着順序逆転や微小なパケットロスの影響をほとんど受けず安定したファイル復号が可能である.
しかしながら,必要以上の冗長度のFECを付与するとネットワーク帯域の利用効率低下をもたらす.
そこで,ファイル保存時に充分な冗長度を持ったFECを生成した上で優先度を設定し,ルータが輻輳状況に応じて優先度の低いFECパケットから破棄する手法を考案した.
具体的には,これまで筆者らが検討してきた複数経路を使ってContent Espressoトラヒックを転送するOIFルータを拡張して優先度キューイングを追加した.
拡張したOIFルータを評価し,完全優先型の優先度キューイングを利用すると高い確率でファイルを復号できることを確認した. 
(英) Content Espresso adds FEC to the source file and divides them into packet size chunks and stores them on distributed storages.
Because Content Espresso can't change the redundancy of FEC dynamically according to the network state, it may degrade network bandwidth utilization and bring network congestion.
In this paper we propose a traffic reduction scheme for order-insensitive UDP based file delivery with prioritized FEC.
We implemented simple priority queuing to OIF Router.
We evaluated the expanded OIF Router and found that when using ''perfectly priority queuing" algorithm, we can eliminate the traffic and keep a success rate of file recovery high.
キーワード (和) 前方誤り訂正 / 優先度制御 / 分散保存 / ルータ / 複数経路制御 / 迂回 / /  
(英) Forward Error Correction / Priority Queuing / Distributed storage system / Router / Multipath Routing / Detouring / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-142, pp. 127-132, 2015年3月.
資料番号 IN2014-142 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 優先度付きFECを備えた順不同型UDPファイル伝送のためのトラヒック削減方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A traffic reduction scheme for order-insensitive UDP based file delivery with prioritized FEC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 前方誤り訂正 / Forward Error Correction  
キーワード(2)(和/英) 優先度制御 / Priority Queuing  
キーワード(3)(和/英) 分散保存 / Distributed storage system  
キーワード(4)(和/英) ルータ / Router  
キーワード(5)(和/英) 複数経路制御 / Multipath Routing  
キーワード(6)(和/英) 迂回 / Detouring  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 倫人 / Rinto Shimizu / シミズ リント
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 匡彦 / Masahiko Kitamura / キタムラ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 文男 / Fumio Teraoka / テラオカ フミオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋丈 / Kunitake Kaneko / カネコ クニタケ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-142 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会