電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 11:10
電力網内満足度を最大化する完全競争市場下での電力分散協調手法
遠藤光泰浅見康介沓澤 遼山本草詩高島研也慶大)・田中 誠政策研究大)・竹下秀敏山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スマートグリッドでは,電力網は,集中電力発電所をもつ1:Nの構造から太陽光パネルや充放電可能な蓄電池等から構成される様々な種類の分散型エネルギーリソースを含むN:Mの構造へ変わっていくことが見込まれる.電力市場の自由化に伴い,電力市場は完全競争市場となることが理想的であり,各家庭は自ら発電し,売電する立場になっていくことが期待される.そこで,ユーザの満足度は電力供給量のみに依存するものではなく,また,その量はユーザの気持ちによって左右される.それゆえに,電力市場はリアルタイムでユーザの満足度を最大化する必要がある.しかし,供給者の増加に伴う情報量の複雑化のため,集中制御でのリアルタイム電力取引システムは実現困難であるだろう.本論文では,ユーザの満足度を最大化する分散協調アルゴリズムを提案する.本提案により,各家庭は近隣家庭と情報を交換するだけで,市場価格を算出し,スマートグリッド内のユーザの満足度最大化することが可能である. 
(英) In Smart Grid, the power grid shifts from the tree 1:N structure with centralized power plants to the N:M structure with distributed various kind of energy resources produced by solar panel or rechargeable batteries and etc. With the deregulation of electricity market, it becomes the perfectly competitive market, and any household can become power sellers. Then, the user’s satisfaction does not depend on the amount of power supply, and its amount must be determined based on user’s wish. Therefore, the electricity market needs real-time trading system to maximize user’s satisfaction. However, it is difficult to realize real-time trade system with the centralized control method, because of the increase of the trade complexity corresponding to the increase of sellers including private sellers. In this paper, we propose a novel distributed power cooperation algorithm to maximize user’s satisfaction. The proposed algorithm enables each household to know the electricity price based on the market price and the amount of supplied power from only neighboring households and to maximize the whole members' satisfaction in Smart Grid.
キーワード (和) スマートグリッド / 完全競争市場 / social welfare / 電力相対取引 / 分散協調アルゴリズム / / /  
(英) Smart Grid / Perfectly elwctricity market / Social welfare / Power trading / Distributed cooperative algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-228, pp. 295-300, 2015年3月.
資料番号 NS2014-228 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力網内満足度を最大化する完全競争市場下での電力分散協調手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed Power Cooperation Algorithm to Maximize User's Satisfaction under the Perfectly Competitive Market in Smart Grid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートグリッド / Smart Grid  
キーワード(2)(和/英) 完全競争市場 / Perfectly elwctricity market  
キーワード(3)(和/英) social welfare / Social welfare  
キーワード(4)(和/英) 電力相対取引 / Power trading  
キーワード(5)(和/英) 分散協調アルゴリズム / Distributed cooperative algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 光泰 / Mitsuyasu Endo / エンドウ ミツヤス
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 康介 / Kosuke Asami / アサミ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 沓澤 遼 / Ryo Kutsuzawa / クツザワ リョウ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 草詩 / Soushi Yamamoto / ヤマモト ソウシ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 研也 / Kenya Takashima / タカシマ ケンヤ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 誠 / Makoto Tanaka / タナカ マコト
第6著者 所属(和/英) 政策研究大学院大学 (略称: 政策研究大)
National Graduate Institute for Policy Studies (略称: GRIPS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 秀敏 / Hidetoshi Takeshita / タケシタ ヒデトシ
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第8著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-228 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会