電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 10:50
ミリ波無線リンクの品質予測に基づく経路制御アルゴリズム
流田理一郎・○花野博司山口 明KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動通信システムにおいて,基地局と基幹網を繋ぐバックホール回線に光ファイバ等の有線を使用すると,基地局を設置する場所に制約ができたり,開通までの所要時間が長くなったりする可能性がある.多数の基地局を柔軟かつ迅速に設置するために,バックホール回線にミリ波帯無線リンクを用いることが検討されている.しかし,ミリ波は降雨による電波の減衰が大きく,通信品質が劣化しやすい問題がある.降雨の影響を軽減するために,基地局同士をミリ波帯無線メッシュネットワークで接続し,基幹網との間に複数の経路を確保することが有効である.本報告では,降雨の影響が大きい無線リンクを回避しネットワーク全体のスループットを改善するために,予測した無線リンクの品質をノード間で共有して自律的に空き容量の大きな経路を選択する経路制御アルゴリズムを提案する.さらに,複数のノードが同時に通信する場合に,通信帯域を取り合い経路制御の振動が発生する問題を抑制するための負荷分散手法も提案する.提案する経路制御アルゴリズムによって,降雨減衰時のスループットが21%改善し,経路制御の振動を抑制することによってネットワーク全体のスループットが4%改善することを,シミュレーション評価で確認した. 
(英) Mobile operators usually use wired links as backhauls which connect base stations (BSs) and core networks (CNs). However, it is difficult to deploy many base stations in urban environment flexibly and rapidly with wired backhauls only. Millimeter-wave (mmW) wireless backhaul has been researched for solving this problem. Since mmW is attenuated by severe rainstorm and degrades communication quality, namely, rain attenuation, several paths between BSs and SNs are required such as mesh networks. This report proposes a routing algorithm for mmW wireless mesh networks based on quality prediction of each wireless link. The algorithm chooses the most available path autonomously. The report also proposes a method for avoiding fluctuation of traffic allocation to each path. Computer simulations clarify that the proposed algorithm increase the throughput by 21% in the rainstorm, and the proposed method increase the whole throughput by more 4s%.
キーワード (和) トラフィックエンジニアリング / 無線メッシュネットワーク / 経路制御 / / / / /  
(英) Traffic Engineering / Wireless Mesh Networks / Routing Control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-233, pp. 325-330, 2015年3月.
資料番号 NS2014-233 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波無線リンクの品質予測に基づく経路制御アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Routing Algorithm Based on Quality Prediction for Millimeter-Wave Wireless Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラフィックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(2)(和/英) 無線メッシュネットワーク / Wireless Mesh Networks  
キーワード(3)(和/英) 経路制御 / Routing Control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 流田 理一郎 / Riichiro Nagareda / ナガレダ リイチロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 花野 博司 / Hiroshi Hanano / ハナノ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 明 / Akira Yamaguchi / ヤマグチ アキラ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-233 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.325-330 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会