電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:00
マルチチャネル無線LANにおける上下フローの送信待ち時間を均等化するチャネル切替法
寺村 拓谷川陽祐戸出英樹阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,無線ネットワークの普及が進んでいる一方,通信クライアントやアプリケーションの増加,多様化に伴う大量のトラヒックを収容するためには,ネットワークのさらなる大容量化が不可欠である.そのため,パケット衝突,干渉を抑制しながら利用チャネル数を増加させるマルチチャネル化が注目されている.しかし,複数チャネルが利用可能な無線LAN環境において,通信フローの発生レートが各端末局間や基地局-端末局間によって大きく異なる場合,全チャネルを合わせたネットワーク全体での通信帯域に余裕がある状況においても,発生レートが大きい送信局に対して十分な通信帯域が割り当てられないことで通信スループットが低下する.著者らはこれまで,端末局から基地局への上りフローに着目し,発生レートに応じた通信帯域の割り当てを実現するため,各送信端末局がバッファ内に保持している未送信パケットの送信完了に要する時間を均等化するように各端末局の所属チャネルを決定するチャネル切替制御法を提案してきた.本稿では,さらに上下フロー通信を行う際にも,全送信局に十分な通信帯域を割り当てる制御法を提案する.最後に計算機シミュレーションにより提案方式の有効性を明らかにする. 
(英) In recent years, wireless networks have been utilized in many situations. However, further increase in network capacity is essential in order to transfer large volume of traffic generated by various clients and applications. By introducing multi-channel environment, network capacity is increased while avoiding packet collisions and interferences. However, in cases that packet generation rate is different among sender stations, communication throughput decreases even though there is enough available network bandwidth in total. In order to allocate appropriate bandwidth to each wireless station according to its packet generation rate, we have proposed a channel switching method to direct each wireless station to use an appropriate channel to equalize time required to transmit all the buffered packets among wireless stations. In this paper, we futhermore propose intelligent channel selection control according to packet generation rate of both uplink and downlink flows. Finally, we show the effectiveness of the proposed method by computer simulation.
キーワード (和) マルチチャネル / 無線LAN / パケット滞在時間 / 上下フロー / / / /  
(英) Multi-channel / Wireless LAN / Sojourn Time / Uplink and Downlink Flows / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-219, pp. 245-250, 2015年3月.
資料番号 NS2014-219 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチチャネル無線LANにおける上下フローの送信待ち時間を均等化するチャネル切替法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Switching Method Equalizing Sojourn Time of Sending Uplink and Downlink Flows in Multi-channel Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチチャネル / Multi-channel  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) パケット滞在時間 / Sojourn Time  
キーワード(4)(和/英) 上下フロー / Uplink and Downlink Flows  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺村 拓 / Taku Teramura / テラムラ タク
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-219 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会