電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 16:00
CCN1.0環境における固定長エンドツーエンドフラグメンテーションの提案
植田一暁横田健治田上敦士KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来インターネット技術として,Content-Centric Networking (CCN) が近年活発に研究されている.CCNをイーサネット上で動作させる場合,ホップバイホップでデータ(Content Object)を断片化・再構成して転送する必要があり,スループットが低下してしまう.この問題を解決するために,CCNの最新プロトコルであるCCN 1.0では,途中のルータにおいてContent Objectを断片化・再構成する必要がない,エンドツーエンドフラグメンテーションが用いられている.しかし,コンテンツ提供者が断片化したContent Objectのサイズが,通信経路のMaximum Transmission Unit (MTU)より大きい場合,CCNルータのキャッシュに存在するデータを返送することができず,キャッシュヒット率が低下する.そこで本稿では,Content Objectを固定長に断片化する固定長エンドツーエンドフラグメンテーションを提案する.提案手法は,フラグメントサイズをCCNが許容する最小のMTUに固定することで,キャッシュヒット率の低下を防ぎつつフラグメンテーションを実現できる.また,シミュレーション評価により,提案手法の有効性を明らかにする. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) Content-Centric Networking / Information-Centric Networking / CCN 1.0 / フラグメンテーション / 経路MTU探索 / / /  
(英) Content-Centric Networking / Information-Centric Networking / CCN 1.0 / Fragmentation / Path MTU Discovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-173, pp. 307-312, 2015年3月.
資料番号 IN2014-173 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CCN1.0環境における固定長エンドツーエンドフラグメンテーションの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Fixed Length End-to-End Fragmentation on CCN 1.0 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Content-Centric Networking / Content-Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) Information-Centric Networking / Information-Centric Networking  
キーワード(3)(和/英) CCN 1.0 / CCN 1.0  
キーワード(4)(和/英) フラグメンテーション / Fragmentation  
キーワード(5)(和/英) 経路MTU探索 / Path MTU Discovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 一暁 / Kazuaki Ueda / ウエダ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 健治 / Kenji Yokota / ヨコタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田上 敦士 / Atsushi Tagami / タガミ アツシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-173 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.307-312 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会