電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:00
オープンフロースイッチを用いた分散キーバリューストアのデータアクセス機能の実装
杉村浩由大山勝徳西園敏弘日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンシステントハッシュに基づく分散キーバリューストアにおけるサーバの処理負荷軽減のため,オープンフロースイッチを用いたデータアクセス機能の実装方法を提案する.各サーバはハッシュ空間上において複数のデータ担当領域を持つ.その担当領域を均等化し,領域間の距離を最大にすることで,サーバの負荷バランスとデータの信頼性を保証する割当てID値の計算式を示す.ID値は2xの倍数となるため,要求データのキーのハッシュ値の上位xビットで宛先サーバが表せる.ロードバランサがハッシュ値の上位xビットを宛先IPアドレスに設定し,オープンフロースイッチに分配する.各スイッチは,そのxビットを参照して宛先サーバを収容するスイッチに転送する.最後に宛先アドレスをサーバのIPアドレスに変換することで目的のサーバに直接パケットが届く.上記のルーティングを実現するために,フローテーブルにおけるマッチングルールの作成法を示す.また,テーブルの行数とスイッチの負荷の関係を実験によって定量化する. 
(英) This paper proposes implementation of data access functions for distributed key-value store based on consistent hashing. The implementation employs OpenFlow switches for eliminating server load. Each server takes charge of the hash spaces indicated by assigned IDs. ID assignment formulas are shown for equalizing the charged space size and maximizing the distance among the spaces so as to ensure server load balancing and data reliability. Since assigned IDs are multiple of 2x, the upper x bit values in hashed required data keys indicate destination servers. A load balancer calculates a hashed key, sets its upper x bits in the destination IP address field of the request packet and allocates the packet to one of the OpenFlow switches. By referring to the x bits, the packet is routed to the switch accommodating the destination server. Finally, the destination IP address field is changed to the destination server’s IP address. The method for preparing matching rules in flow tables is illustrated to realize the routing sequence mentioned above. The experiment quantified the relationship between the number of flow table lines and switch processing load.
キーワード (和) 大規模クラウド / コンシステント・ハッシュ / オープンフロー / / / / /  
(英) Large-scale cloud system / Conssistent Hashing / OpenFlow / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-245, pp. 397-402, 2015年3月.
資料番号 NS2014-245 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オープンフロースイッチを用いた分散キーバリューストアのデータアクセス機能の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Data Access Function for Distributed Key-Value Stores Using OpenFlow Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模クラウド / Large-scale cloud system  
キーワード(2)(和/英) コンシステント・ハッシュ / Conssistent Hashing  
キーワード(3)(和/英) オープンフロー / OpenFlow  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉村 浩由 / Hiroyuki Sugimura / スギムラ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 勝徳 / Katsunori Oyama / オオヤマ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西園 敏弘 / Toshihiro Nishizono / ニシゾノ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-245 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.397-402 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会