電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:10
アプリケーション特化型QoS制御のための網内機械学習によるモバイルアプリケーション同定
岩井貴充中尾彰宏東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スマートフォンの爆発的な普及に伴い、アプリケーション同定によるネットワークの利用効率の改善に期待が高まっている。しかし、既存手法では大規模なパケットキャプチャの設定など教師データの生成にコストがかかり、アプリケーションの把握にはDPIなどのペイロード参照を伴うためにプライバシー保護や暗号化の観点から難しく、結果として不確実性により質や量の低下を招く。また、分類可能なアプリケーションが限定され、アプリケーションの変化といった経時的な対応が難しい、といった問題が存在する。本研究では、デバイス内にてSYNパケットに送出元アプリケーション名を付加し、そのフローのパケットに基づいて学習を行い実際のパケットに適用する。SYNパケットに付加することによってペイロード参照を回避し、常に特定のデバイスから直接教師データが送出されるため低コストで高質な教師データをリアルタイムに得ることが可能となり、学習をより柔軟に進めることが可能となる。本論文では、あるMVNOにおいて取得したトラフィックを解析することで提案手法の評価を行い、学習スパンを実用十分だと考えられる5日に設定した場合、アプリケーションを約80%の精度で推定可能であることを示す。 
(英) Due to the proliferation of smartphones and the explosive increase in mobile data traffic, application traffic identification becomes a necessity for improving the network utilization.
The existing research proposals have limitations such as costly generation of training data (e.g., large volume of traffic capture data), privacy violation caused by inspecting packet payloads via DPI, and difficulty of DPI due to encryption, thus, as a result, they end up with unreliable training data for classifying traffic. In this paper, we propose a method for generating reliable training data by adding an application identifier at the end of a TCP SYN packet. Our method avoids the reference of payload, thus is robust against the encryption of packet payload and free from privacy violation, and therefore increases the quality of training data. We evaluate our proposal analysing the real traffic captured at an MVNO and show our method successfully identifies mobile applications with about 80% credibility when the learning period is 5 days.
キーワード (和) アプリケーション推定 / 機械学習 / SDN / NFV / MVNO / モバイルエッジコンピューティング / /  
(英) Application Identification / Machine learning / SDN / NFV / MVNO / Mobile Edge Computing / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-260, pp. 487-492, 2015年3月.
資料番号 NS2014-260 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アプリケーション特化型QoS制御のための網内機械学習によるモバイルアプリケーション同定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification of Mobile Applications via In-Network Machine Learning for Application Specific QoS Traffic Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーション推定 / Application Identification  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(3)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) MVNO / MVNO  
キーワード(6)(和/英) モバイルエッジコンピューティング / Mobile Edge Computing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 貴充 / Takamitsu Iwai / イワイ タカミツ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-260 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.487-492 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会