電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:00
無線LAN環境におけるアクセスポイントを考慮したメディアアクセス制御方式SP-MAC
安藤竜馬濱本 亮小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線 LAN 環境において,データフレームの衝突を回避することで合計スループットの向上を目指した,結合振動子の同期現象に基づくMAC制御方式 (SP-MAC) が提案されている.
これまでの研究では,無線端末からアクセスポイント (AP) 方向 (上り) とAPから無線端末方向 (下り) の双方向フローが混在する環境において,SP-MACの特性評価は十分ではない.
そこで本稿では,まず,双方向フローが混在する環境において,SP-MACの振る舞いを評価する.
その結果,SP-MACを適用したAPにトラヒックが集中し,全端末の合計スループットがCSMA/CAに比べて低くなる場合があることを示す.
次に,トラヒックが集中するAPに対応するため,SP-MACデータの送信機会を増やす優先制御を付加した新しい方式を提案し,APに適用する.
また,この提案方式をシミュレーションにより評価し,双方向フローが混在する環境において提案方式が有効なことを示す. 
(英) To improve the total throughput of terminals by avoiding data frame collisions in wireless LAN, SP-MAC based on the synchronization phenomena of coupled oscillators for the media access control (MAC) has been proposed.
However, previous studies have not sufficiently evaluated the behavior of SP-MAC over wireless LAN coexisting of bidirectional flows.
Thus, this paper evaluates the behavior of SP-MAC over wireless LAN coexisting of bidirectional flows.
As a result, we found that the total throughput of SP-MAC is lower than that of CSMA/CA.
This is because the Access Point (AP) cannot transmit the data flames efficiently by the traffic concentration on the AP.
To solve this problem, this paper proposes a priority control for AP based on SP-MAC.
Especially, this paper adds a parameter {it amplitude} to the back-off time setting formula of AP in SP-MAC.
Furthermore, this paper evaluates the proposed method.
キーワード (和) メディアアクセス制御 / 無線LAN / 結合振動子 / 蔵本モデル / 双方向フロー / アクセスポイント / /  
(英) Media access control / Wireless LAN / Coupled oscillator / Kuramoto-model / Bidirectional flows / Access point / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-249, pp. 421-426, 2015年3月.
資料番号 NS2014-249 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LAN環境におけるアクセスポイントを考慮したメディアアクセス制御方式SP-MAC 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Access Point Control based on Media Access Control Method SP-MAC over WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディアアクセス制御 / Media access control  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) 結合振動子 / Coupled oscillator  
キーワード(4)(和/英) 蔵本モデル / Kuramoto-model  
キーワード(5)(和/英) 双方向フロー / Bidirectional flows  
キーワード(6)(和/英) アクセスポイント / Access point  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 竜馬 / Ryoma Ando / アンドウ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱本 亮 / Ryo Hamamoto / ハマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-249 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.421-426 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会