電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:00
高レートコンテンツアップロード向け受信時重複排除機構の可能性
知念賢一北陸先端大/NICT)・小西一暢パナソニック)・菊地 聡NICT/北陸先端大)・村本衛一パナソニック)・篠田陽一北陸先端大/NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンテンツ管理システムでは、コンテンツの重複が一つの問題である。
コンテンツを受信・保存すると記憶装置や通信帯域等の資源を消費するが、
同じコンテンツの受信・保存の繰り返しは資源の浪費を生む。
また、別のコンテンツを受信・保存する機会を失うおそれもある。
本研究では受信時にコンテンツの識別子を元に重複を排除する機構を提案する。
本機構では通信失敗への耐性を持たせるために少数の並行保存も行う。
加えて、大規模なコンテンツアップロード実験を通して、本機構の可能性を示す。 
(英) A duplication of content are an issue in content management systems.
Receiving of content spends resources.
Thus, a repeat of receiving causes a waste of resources.
Furthermore, it may lose opportunity of other content.
In this research, we propose a mechanism of de-duplication
using identifier of contents in receiving.
The mechanism includes small parallel saving of content
to archive the tolerance of communication failure, also.
In addition, we depict the potential of the mechanism
via a large-scale content uploading experiment.
キーワード (和) 重複排除 / コンテンツ管理 / / / / / /  
(英) de-duplication / content management / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-158, pp. 221-226, 2015年3月.
資料番号 IN2014-158 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高レートコンテンツアップロード向け受信時重複排除機構の可能性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Potential of Duplicated Content Exclusion Mechanism in Receiving for High-rate Uploading 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 重複排除 / de-duplication  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ管理 / content management  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 知念 賢一 / Ken-ichi Chinen / チネン ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学/情報通信研究機構 (略称: 北陸先端大/NICT)
Japan Advanced Institute of Science and Technology/National Institute of Information and Communications Technology (略称: JAIST/NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 一暢 / Kazunobu Konishi / コニシ カズノブ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 聡 / Satoshi Kikuchi / キクチ サトシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/北陸先端科学技術大学院大学 (略称: NICT/北陸先端大)
National Institute of Information and Communications Technology/Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: NICT/JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村本 衛一 / Eiichi Muramoto / ムラモト エイイチ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 陽一 / Yoichi Shinoda / シノダ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学/情報通信研究機構 (略称: 北陸先端大/NICT)
Japan Advanced Institute of Science and Technology/National Institute of Information and Communications Technology (略称: JAIST/NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-158 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会