電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 09:10
劣通信環境下における情報伝達の遅延を考慮した避難誘導法
高山祐紀巳波弘佳関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害発生時の迅速な避難所への避難誘導することは,災害による犠牲者を減らすうえで非常に重要である.そのためには,道路状況と避難所の位置,被災者数に応じて迅速に避難経路を決定しナビゲーションするシステムが必要である.しかし,災害発生直後にそれらの情報を適切に把握することは難しい.また,既存の避難誘導アルゴリズムでは同一区間の往来を提示する可能性も高く,被災者の心理的な負担も大きい.そこで本稿では,同一区間の往来回数を抑えつつ,情報伝達の遅延を考慮した避難誘導経路決定法を設計し,遅延やネットワーク復旧後に得られる人数情報の正確さ,通行不能になる道路区間の場所・距離,通常よりも通行可能人数が少ないボトルネック辺の有無・避難所からの距離が避難誘導に与える影響について,シミュレーションにより評価した. 
(英) Quick evacuation in an inner-city area is important to reduce victims at the time of a disaster, because an inner-city area is often crowded and people know neither hazard maps nor evacuation routes. Therefore, a navigation system to indicate an evacuation route is necessary. An evacuation route should be rapidly determined based on a road network topology, the location of evacuation centers, and congestion. Such navigation system is useful for evacuation at the time of a disaster. However, it is difficult to get the information, immediately after a disaster; in addition, if the direction of an evacuation route frequently changes, it gives anxiety to evacuees and it might cause a panic, even if the evacuation time is eventually short. Therefore, frequent changes in directions, in other words, the instability of evacuation routes, must be avoided. In this paper, we propose an algorithm to determine evacuation routes in consideration of delay of information sharing and avoidance of frequent changes in directions. Moreover, we evaluate how delay, accuracy of the number of persons information, location of impassable road sections and the bottle neck in a road section effects to evacuation navigation at the time of disaster by simulation.
キーワード (和) 最速避難問題 / 避難経路 / 滞留 / 最適化問題 / NP完全 / アルゴリズム / DTN /  
(英) Quickest evacuation problem / Evacuation route / Congestion / Optimization problem / NP-complete / Algorithm / DTN /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-121, pp. 1-6, 2015年3月.
資料番号 IN2014-121 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣通信環境下における情報伝達の遅延を考慮した避難誘導法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quick Evacuation Method Considering Delay in Poor Communication Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最速避難問題 / Quickest evacuation problem  
キーワード(2)(和/英) 避難経路 / Evacuation route  
キーワード(3)(和/英) 滞留 / Congestion  
キーワード(4)(和/英) 最適化問題 / Optimization problem  
キーワード(5)(和/英) NP完全 / NP-complete  
キーワード(6)(和/英) アルゴリズム / Algorithm  
キーワード(7)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高山 祐紀 / Yuki Takayama / タカヤマ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-121 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会