電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 11:20
データセンタ間通信におけるピークトラヒック量制約を考慮したオーバレイマルチキャスト
金子元紀阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,サービス事業者がデータセンタを利用してクラウドサービスを提供する動きが広まっている.地理的に分散した複数のデータセンタを使用する場合には,それらの間で同期や更新といったメンテナンス操作のための通信が必要となる.これらは同一のデータを複数地点に配信する特徴を持つことから,オーバレイマ
ルチキャストの利用が考えられる.ここで,サービス提供のために生じるメイントラヒックが時間的に変動することと,サービス事業者はアクセス回線のピークトラヒック量により回線使用料を支払うことに注意が必要である.そこで本稿では,ピークトラヒックの制約の下でマルチキャストのトラヒック量を最大化する
ことを目指す.まず,想定する問題を線形計画問題として定式化する.さらに,ピークトラヒックの推定手法を提案する.シミュレーション評価により,マルチキャストトラヒック量とピークトラヒック量の観点で提案手法の有効性を示す. 
(英) Recently, service providers have been using data centers (DCs) to provide cloud services. When they use multiple DCs, which are geographically distributed, they require communication for maintenance operations among them, e.g., synchronization and update. Because such maintenance operations need to send identical data from one source to multiple destinations, we apply overlay multicast. Note that main traffic yielded by cloud services temporally changes and the charge for access links is determined by their peak traffic. In this paper, we aim to maximize the amount of overlay multicast traffic under the constraint of the peak traffic. We first formulate our problem as a linear programming. We further propose a scheme for estimating the peak traffic. Through simulation experiments, we show the effectiveness of the proposed method in terms of the amount of overlay multicast traffic and peak traffic.
キーワード (和) オーバレイマルチキャスト / データセンタ間通信 / ピークトラヒック量 / / / / /  
(英) Overlay multicast / inter-data center communication / peak traffic / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-205, pp. 161-166, 2015年3月.
資料番号 NS2014-205 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データセンタ間通信におけるピークトラヒック量制約を考慮したオーバレイマルチキャスト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overlay Multicast with Peak Traffic Constraints for Inter-Data Center Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバレイマルチキャスト / Overlay multicast  
キーワード(2)(和/英) データセンタ間通信 / inter-data center communication  
キーワード(3)(和/英) ピークトラヒック量 / peak traffic  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 元紀 / Motoki Kaneko / カネコ モトキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-205 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会