電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 15:15
電気刺激による塩味抑制効果と電流量の関係
櫻井 悟青山一真古川正紘安藤英由樹前田太郎阪大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 陰極側電極を口内に設置する陰極電気刺激によって塩味の知覚が抑制されることが知られている.しかし,電気刺激の電流量と抑制効果の強度との間の関係性は不明である.この関係性を明らかにすることで,現状では困難である任意の塩味の提示を行えるインタフェースの構築が可能になると考えられる.このインタフェースはバーチャルリアリティ環境において飲食を可能とするための味覚提示システムに応用が期待される. 
(英) Though it is known that the perception of saltiness is reduced by cathodal-current tongue stimulation placing a cathodal electrode in the mouth, the correlation between the magnitude of current and the effect size of reducing saltiness is not clarified. By revealing this correlation, it is assumed that we can build the interface which can bring any strength of salty flavor perception by suppressing higher concentration of saltiness. This interface would be a part of taste presentation system that make it possible to eat and drink in Virtual Reality (VR) environment.
キーワード (和) 陰極刺激 / 塩味抑制 / 味覚 / 味覚提示 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 483, HIP2014-84, pp. 27-28, 2015年3月.
資料番号 HIP2014-84 
発行日 2015-02-23 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 札幌市立大学 札幌駅前 サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 力触覚,手,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2015-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電気刺激による塩味抑制効果と電流量の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Correlation between Magnitude of Current and Suppressing Saltiness Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 陰極刺激 /  
キーワード(2)(和/英) 塩味抑制 /  
キーワード(3)(和/英) 味覚 /  
キーワード(4)(和/英) 味覚提示 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 悟 / Satoru Sakurai / サクライ サトル
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 一真 / Kazuma Aoyama / アオヤマ カズマ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 正紘 / Masahiro Furukawa / フルカワ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 英由樹 / Hideyuki Ando / アンドウ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 太郎 / Taro Maeda / マエダ タロウ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2014-84 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.27-28 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-HIP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会