電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 15:50
ヴァイオリン演奏者の心拍変動および複雑性に聴衆の存在が及ぼす影響
正田 悠阪田真己子同志社大)・Aaron Williamon王立音楽大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) Shoda and Adachi (2015) は,音楽の演奏者が自身にとって十分に学習された曲を演奏した場合,人前での演奏(ライブ)では一人での演奏(リハーサル)よりもパフォーマンスが向上することを報告している.本研究ではこのメカニズムを生理的な側面から明らかにするため,10 人のバイオリニストに「聴衆あり」条件と「聴衆なし」条件で演奏してもらい,そのときの心拍を測定した.得られた心拍時系列から,心拍変動分析および複雑性分析(マルチスケール・エントロピー分析)を行った.その結果,演奏者にとって挑戦的な楽曲を人前で演奏するときには,一人で演奏するときよりも心拍数および心拍ゆらぎ(CVRR)は増加するが,複雑性が低下することが示された. 
(英) Shoda and Adachi (2015) reported that the presence of the audience enhances the pianist's performance when he/she performs the well-learned piece. To understand the physiological mechanism of such the audience effect, we measured ten violinists' ECGs in performing technically easy and challenging pieces in two conditions|audience-present and audience-absent|. Based on the obtained heart-rate time-series, we computed the hear-rate variability and the multiscale entropies. As a result, the violinist's heart rate and its variability increased but its complexity decreased in front of the audience when he/she performs the technically challenging piece.
キーワード (和) ヴァイオリン演奏 / 演奏不安 / 聴衆の存在 / 心拍変動 / 複雑性 / マルチスケール・エントロピー分析 / /  
(英) Violin performance / performance anxiety / presence of audience / heart-rate variability / complexity / multiscale entropy analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 483, HIP2014-85, pp. 29-34, 2015年3月.
資料番号 HIP2014-85 
発行日 2015-02-23 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 札幌市立大学 札幌駅前 サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 力触覚,手,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2015-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヴァイオリン演奏者の心拍変動および複雑性に聴衆の存在が及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of the Presence of the Audience on the Violinist's Heart-Rate Variability and Complexity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヴァイオリン演奏 / Violin performance  
キーワード(2)(和/英) 演奏不安 / performance anxiety  
キーワード(3)(和/英) 聴衆の存在 / presence of audience  
キーワード(4)(和/英) 心拍変動 / heart-rate variability  
キーワード(5)(和/英) 複雑性 / complexity  
キーワード(6)(和/英) マルチスケール・エントロピー分析 / multiscale entropy analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 正田 悠 / Haruka Shoda / ショウダ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 真己子 / Mamiko Sakata / サカタ マミコ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Aaron Williamon / Aaron Williamon /
第3著者 所属(和/英) 王立音楽大学 (略称: 王立音楽大)
Royal College of Music (略称: RCM)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2014-85 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会