電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 11:40
モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智明阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 時間変動の大きなトラヒックに対して、大規模な経路変更の頻発を避けながら、変動に追随するためには、将来の変動傾向を予測しながら、それを考慮した経路変更が必要となる。我々の研究グループでは、モデル予測制御(MPC)の考え方を適用し、予測誤差が含まれる場合であっても、トラヒックを適切に収容する経路を設定可能なトラヒックエンジニアリング(TE)手法を提案している。しかし、この手法では、各制御時点において、ネットワーク全体のトラヒック情報の収集、予測、経路計算を行うため、ネットワークの規模が大きくなった際に、そのスケーラビリティが課題となる。この問題を解決するために、ネットワークを階層的に複数の範囲に分割し、分割された各範囲でトラヒック予測及び、経路制御を行うことで、制御負荷を削減しつつ全体の経路制御を実行する手法を提案する。また、シミュレーションにより、提案手法を用いることによって、ネットワーク規模が増大した場合でも計算時間の増大を抑えつつ、最適な経路に近い経路を設定可能であることを示す。 
(英) Traffic engineering with traffic prediction is one approach to accommodate time-varying traffic stably.
In this approach, the routes are calculated so as to avoid congestion based on the predicted traffic.
To achieve the robustness against the prediction error, we proposed a traffic engineering method called Model Predictive Traffic Engineering (MP-TE) which is based on the idea of Model Predictive Control (MPC).
However, this method has difficulty in scalability.
In this method, a central control server repeatedly collects the whole traffic information to correct the traffic prediction and recalculate the whole routes at each time slot.
In accordance, load on the central control server significantly increases as the network becomes larger.
To solve the scalability problem, we propose a prediction-based hierarchical traffic engineering method in this paper.
In this method, we divide the network in multiple areas and aggregate the topology in each area as an upper layer topology.
Control servers are deployed in each area and upper layer to calculate the routes inner area and inter area, respectively.
By reducing the scale of the topology which one control server manages, the load on each control server is kept low even when the scale of network become large.
Through the simulation, we show that the proposal method can reduce the calculation time while the achieved performance is close to that of the centralized control.
キーワード (和) モデル予測制御 / 階層型ルーティング / トラヒックエンジニアリング / トラヒック予測 / / / /  
(英) Model Predictive Control / Hierarchical Routing / Traffic Engineering / Traffic Prediction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-136, pp. 91-96, 2015年3月.
資料番号 IN2014-136 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hierarchical Traffic Engineering Based on Model Predictive Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モデル予測制御 / Model Predictive Control  
キーワード(2)(和/英) 階層型ルーティング / Hierarchical Routing  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(4)(和/英) トラヒック予測 / Traffic Prediction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大歳 達也 / Tatsuya Otoshi / オオトシ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 裕一 / Yuichi Ohsita / オオシタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 洋介 / Yousuke Takahashi / タカハシ ヨウスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 圭介 / Keisuke Ishibashi / イシバシ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 智明 / Tomoaki Hashimoto / ハシモト トモアキ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-136 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会