電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 09:10
モバイルアドホックネットワークの経路安定度と送信パケットレート制御への適用評価
清水正明高見一正創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,地震などの災害直後に,固定通信インフラの損壊等により接続性が失われたLAN(以下,孤立LAN)内の被災者端末が,災害情報や安否情報確認のために,MANET(Mobile Ad-hoc Networks)経由でインターネットに接続する状況を想定する.MANET特性の影響で性能が低下するエンドTCPの通信品質改善のため,エンドTCPの制御とは別に,孤立LAN,MANET,インターネット側LANの各ネットワークの接続点に位置するGW(Gateways)間で,MANETに集中した制御を行う.GWにMANET制御レイヤであるATP-GW(Ad-hoc Transport Protocol on Gateways)を追加し,独自に定義した経路安定度(RS: Route Stability)を指標に送信パケットレート制御を行う.経路状態の変化に応じて適切に制御し,輻輳やデータ損失を抑えることで,エンドTCPの性能低下を最小限化する. 
(英) This paper considers a situation in which victims connect to the Internet via MANETs. They are in the LAN which lost its connectivity due to the broken communication infrastructures after disasters (hereafter isolated LAN). To improve the communication quality degraded by the characteristics of MANETs, in addition to end TCP controls, MANETs are controlled between gateways (GWs). GWs are located the connecting points of an isolated LAN, MANETs and a connected LAN. The authors proposed the ad-hoc transport protocol on gateways (ATP-GW). It can suppress congestions and data losses by controls the packet transfer rates appropriately with route stability (RS) uniquely defined. As a result, it can also minimize the performance degradation of end TCPs.
キーワード (和) MANET / インターネット / ゲートウェイ / 経路安定度 / 送信パケットレート制御 / / /  
(英) MANET / Internet / Gateways / Route stability / Packets transfer rate control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-176, pp. 1-6, 2015年3月.
資料番号 NS2014-176 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルアドホックネットワークの経路安定度と送信パケットレート制御への適用評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applicability Evaluation of Route Stability of Mobile Ad-hoc Networks and Packet Transfer Rate Control Based on It 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(2)(和/英) インターネット / Internet  
キーワード(3)(和/英) ゲートウェイ / Gateways  
キーワード(4)(和/英) 経路安定度 / Route stability  
キーワード(5)(和/英) 送信パケットレート制御 / Packets transfer rate control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 正明 / Masaaki Shimizu / シミズ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 一正 / Kazumasa Takami /
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-176 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会