電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 10:10
受信者主導型ハンドシェイク方式を用いた災害時DTN通信
山下諒馬高見一正創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広域災害では,設備障害,電力不足のため携帯電話等の公共性の高い通信は,いつものようには利用できなくなり,被災地域内の安否確認に支障をきたすことが予想される.被災者が携帯端末を保持していることを想定し,それらの端末と救助者の携帯端末及び避難所サーバがDTN(Delay/Disruption Tolerant Networks)を構築し,安否情報を集約するための被災者と情報運搬者の各端末間及び,情報運搬者の端末と避難所サーバ間の各Bundle層のプロトコルを明確化した.また,ネットワークシミュレータに提案プロトコルを実装して,新宿をモデルとした被災地域に被災者をランダムに分布させたモデルを構築した.Epidemic Routingと比較し,安否情報の避難所までの到達率と到達時間の同等性を検証し,さらに、携帯端末のストレージ使用量、発生バンドル削減率、電池の消費量に関する優位性を示した. 
(英) In the event of a disaster affecting a large area, failures in facilities or power shortage may disrupt public communication services, including the mobile phone service, making it difficult to check safety of individuals in the disaster-stricken area. This paper assumes that disaster victims have mobile terminals, and that delay/disruption tolerant networks (DTNs) can be built to interconnect these terminals, the terminals of rescuers (who also serve as safety information carriers), and the servers in shelters within the area so that information about the safety of individuals can be gathered. It proposes a protocol to be used to send safety information from the terminal of a victim to that of an information carrier, and a protocol to be used to send safety information from the terminal of an information carrier to a shelter server. We have implemented these protocols on a network simulator. Using a network model in which victims are scattered randomly in the suburbs of Shinjuku Station, we have evaluated the probability at which safety information reaches a shelter server and examined the process of data gathering, for different numbers of victims, different numbers of information carriers, etc.
キーワード (和) Delay/Disruption Tolerant Network(DTN) / バンドル層プロトコル / 安否情報 / 災害 / 情報運搬者 / / /  
(英) Delay/Disruption Tolerant Network / Bundle Layer Protocol / Disaster / Safety Information / Information Carriers / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-124, pp. 19-24, 2015年3月.
資料番号 IN2014-124 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信者主導型ハンドシェイク方式を用いた災害時DTN通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Communication Strategy for DTNs using Receiver-Initiative Handshake after Disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Delay/Disruption Tolerant Network(DTN) / Delay/Disruption Tolerant Network  
キーワード(2)(和/英) バンドル層プロトコル / Bundle Layer Protocol  
キーワード(3)(和/英) 安否情報 / Disaster  
キーワード(4)(和/英) 災害 / Safety Information  
キーワード(5)(和/英) 情報運搬者 / Information Carriers  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 諒馬 / Ryoma Yamashita / ヤマシタ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 一正 / Kazumasa Takami /
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-124 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会